サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. syu-tyanさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

syu-tyanさんのレビュー一覧

投稿者:syu-tyan

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本あおい目のこねこ

2006/12/01 12:36

他人とは違うから素敵なんですよね♪

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

108頁もある厚い絵本なので始めは読みきれるか心配でした。
でも開いてみると1頁に少しずつのお話が入っているので
次のページに行くまでドキドキしながら絵本を読むことが出来ます。
お話の対面には絵が挿入してあって、お話が進む様子がとても良く分かります。
お話の出だしはこんな感じです。
 青い目の元気なネコがネズミの国を探しに出掛けます。
 色々な動物に尋ねながら探し歩くのですが、
 目が青い事から誰もがネコを鼻であしらいます。
 それでもネコは・・・。
ここからは絵本をお読みになる楽しみにしていて下さい。
この絵本はデンマークの作者で40年前に作られたようです。
虐めが横行している現在、【人と自分とは違うんだ】
【違うけどそれで良いんだ】【違うから素敵なんだ】
と言うことを娘に伝える事ができてとても嬉しくなる絵本です。
その娘もこの絵本は大好きで、漢字が入っておりますが
きちんと振り仮名も振ってありますから、楽しんで絵本の世界に浸っています。
3歳くらいから読み聞かせてはいかがでしょうか。
自分で読めるようになった時、きっとこの絵本を手にしていると思いますよ。
童話と言ってもガチガチの固いお話ではないので
読んでいて、直ぐにお話の世界に入っていける。
心がほんのり温まる絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本だいじょうぶだいじょうぶ

2006/04/14 15:15

私がこの絵本と出合ったのは去年の11月、4歳の娘へのプレゼントでした。

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

小さな男の子と優しいおじいちゃんのお話し...。
ほのぼのとしたタッチの絵とお話に惹きこまれ、
ふと、最後の4ページ目から、急展開を迎えます。
私は胸が熱くなる思いを抑えきれませんでした・・・。
高校生の時に亡くなったおじいちゃんを思い出してしまったからです。
色んな事を教えてくれたおじいちゃん。
本当に 母親のような存在でした・・・。
肺がんで入院してしまったおじいちゃん。
おじいちゃんの命は永遠だと疑いもしませんでした。
苦しむおじいちゃんに 何一つ 励ます言葉が浮びませんでした。
この絵本を読んでいて あの時の情けない私を想い出しました...。
もっと早くに、
私が子供の頃に出合っていたかったです。
でも 今からでも遅くはない と思いました。
自分の娘にこの絵本を読んであげられるのですから... 、
いとうさんの作品に出合えた事、とても嬉しく思っています。
もし、子供が何かに挫けた時、また挫けそうな時、
この言葉を思い出して頑張ってくれたり、また肩の力を抜いたり・・・、
そんな風に我が子を励ましてくれるんじゃないか・・・、
そう思わせてくれる作品です。
娘が大人になり、結婚し 子供が生まれた時には、
この絵本で励ましてあげて欲しい・・・そう思うので、
この絵本だけはお嫁に持って行かせようと思っています。
この「だいじょうぶ だいじょうぶ」に秘められた想い、
きっと大人の人もおじいちゃんおばあちゃんにも 感動していただける絵本だと思います。
「日本図書館協会選定図書」に選ばれ、「講談社出版文化賞絵本賞受賞」という輝かしい絵本です。
どこかで出合う事があるのでしたら、必ず読んでいただきたい...、
そして これからの子供たちにぜひ 伝えていって欲しい...、
肩の力を抜いて1度、そして改めてもう1度 読み返して欲しい、
そんな作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本はじめてのおつかい

2005/03/23 17:57

弟(妹)ができて、ちょっぴりお姉ちゃんになった女の子のお話。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

お母さんが手が離せないから、お姉ちゃんにお買い物を頼みます。
小さな女の子がはじめてお買い物に行く様子が、のびのびと書いてあって、それが想像できてしまうぐらい、林先生の絵がとても可愛く描かれています。
ほのぼのとした絵とお話の内容が、昔の自分を思い出させてくれます。
子供に何度もせがまれ、何度でも読み返してあげられる、そんな1冊だと思います。
家を出ると自転車が勢いよく通り過ぎます。危ない事をしつける事も出来ます。
お店につくまでに転んでしまうのですが、泣いてなんていられません。
我慢をする事を教えられると思います。
お店にたどりついて、おばさんを呼びます。声が小さくて中々おばさんが出てきてくれません。
やっと買い物が終わって家路へ…するとホッとする女の子の様子が目に浮かんできます。

買い物に出る前のお母さんとの約束…。
…色々なしつけや教育も出来ると思います。

3歳くらいからでも楽しんで読める1冊ですよ。お勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示