サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. とらんぶるさんのレビュー一覧

とらんぶるさんのレビュー一覧

投稿者:とらんぶる

1 件中 1 件~ 1 件を表示

『萌え』というよりオタクの日常語英訳集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最近流行の『萌え』をテーマにした参考書の類かなと思い手に取った。しかし、
内容は萌えというよりはオタク(ここではアニメ、コミック系に限定されるが)の日常語をストーリー仕立てで英語訳していくといった感じだったりします。

ヒロインの女の子がオタクに目覚めて、コミケ(同人誌即売会)へ行ったり、オタク系のWebサイトを立ち上げたりしつつ、最後は人生のゴールインをするといった内容で物語は進行します。

基本スタイルはオタク用語(?)の例文があり、その英訳が列記されるという形式で、特に特殊な用例で無い限り、単語や熟語の意味、発音等の説明はないです。
つまり、参考書的な編集はなされていないということですね。

本のタイトルが『電車の中で〜』となっている所からして、この本が想定している読者層は、少々語学とオタク的趣味に興味のある社会人と言う所でありましょうか。

で、肝心の例文ははっきり言って結構ディープだったりします(笑)

例えばコミケにて『オタクに優しいコンビニは印刷面が下になって出てくるコピー機があるコンビニだ』とか『しまった!表紙と裏表紙並べて売ってたのに気づかなくて2冊買っちゃった』など、体験者なら思わず苦笑いの内容が色々出てきます。

でも、女性を主人公にしてる割にはお下劣な表現も多く、お世辞にも電車の中で人目を気にせず読めない所もありますので『もえもえ』ってタイトルは似合いませんね。

内容はそれなりに面白いので、オタク系に詳しくてコミケに行った事のある方の英語副読本と言うのであれば、まぁお勧め出来るかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示