サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 山際澄夫さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

山際澄夫さんのレビュー一覧

投稿者:山際澄夫

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本安倍晋三物語

2003/09/09 03:15

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 政治家とは、立ち上がるべきときに勇気を持って立ち上がることが出来る人であると言えるでしょう。国民が戦慄した昨年「9.17」以降の内閣官房副長官、安倍晋三氏の言動は、私たちにそのことを改めて教えてくれるものでした。
 おそらく彼がいなければ、金正日は謝罪せず、5人の帰国者の日本定住もなく、日本の外交を正すことはできなかったでしょう。
 新聞社の政治記者が長かった私は、それまで安倍晋三氏にひ弱な3世議員という印象しか持っていませんでした。しかし、どっこい吉田松陰、高杉晋作ら長州のDNAは生きていたのです。
 北朝鮮危機は戦後、日本が直面した最大の危機です。憲法は「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」と言って軍隊を持たないなどと言っていますが、平和を愛していない独裁者が隣にいて、日本人をさらってテロに協力させたり、日本を狙う核兵器を開発していたわけですから。
 私たちは心を一つにして金正日と戦うべきなのです。拉致被害者を奪還することはもちろんですが、私たちと私たちの子供たちを守るためにです。そのことは日本人が戦後忘れていた「凛とした国」(横田早紀江さん)を取り戻す道でもあります。そしてその先頭に立っているのがまさに安倍晋三氏なのです。
 私は前作、「拉致の海流 個人も国も売った政治とメディア」で、拉致事件にみられる志を失った政治家やメディア、文化人を固有名詞を挙げて攻撃しました。安倍晋三氏は過去一年、彼らとは逆に救国の政治家であったと言えると思います。私たち国民としては、このような政治家を支援することこそ重要であると信じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示