サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. スティーブ・モリヤマさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年5月)

スティーブ・モリヤマさんのレビュー一覧

投稿者:スティーブ・モリヤマ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

  『英語バカの壁を突き破れ!』
〜ガイジン・コンプレックスに負けないために〜

●日本ではみなさんTOEICの点数を上げるのに血眼になっているようですが、しょせん英語はコミュニケーション手段にすぎません。皆さんは、この点について真剣に考えてみたことがあるでしょうか?
まず、異文化コミュニケーションである以上、相手方について本当に理解しているのでしょうか?それどころか、自分たちについても本当にわかっていると自信をもって言えるのでしょうか?敵を知り己を知れば百戦あやうからずです。

●コミュニケーションの目的は、自分の人間性を相手に伝え「相手の共感を得る」ことです。それには、何よりも根っこの部分を鍛えておくこと、つまり母国や自分に誇りをもち、語るべき自分を確立しておくことです。これが異文化の厚い壁を突き破る原動力となるのです。

●最近、養老孟司氏の『バカの壁』という本が売れていますが、最後に勝つのは、TOEICの点数を上げるのに必死になっている資格バカではなく、点数など低くても、異文化の壁を突き破れる力を持った人なのです。

●この本を読むと、自分の中に潜んでいる「英語バカの壁」や「外国人コンプレックス・バカの壁」を確実にぶち破ることができます。そして、壁を越えた途端、あなたは昨日までの自分に決別できます。表現などのテクニックに走る前に、まずはこうした心構えについて考えてみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

●本書は、ますます国際化する日本社会において、自信をもって進んでいきたい皆さんのための「変身マニュアル」ともいえるでしょう。

スティーブモリヤマ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示