サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 北海道大学大学院工学研究科博士課程さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

北海道大学大学院工学研究科博士課程さんのレビュー一覧

投稿者:北海道大学大学院工学研究科博士課程

1 件中 1 件~ 1 件を表示

VRは現状でも実用価値が高いと認識させられる本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 10年前に誕生したバーチャルリアリティ(VR)は、計算機・光学系・メカトロニクスの急激な発達により大きく発展を遂げている。かつての、巨大なゴーグルに映し出される角張ったポリゴンとそれを操作するグローブから、次の段階へと進んでいるのだ。
 本書は10ヶ所の研究グループへの取材から、VRの現在を綴ったものである。VRのベクトルは主として設計支援・医療・教育に向けられている。そこでは、システムキッチンのオーダーメイド、手術シミュレータ(東京医科歯科大では臓器の弾力までをも再現している!)やリバビリ支援機器、発電プラントや重機の操作訓練装置、世界遺産から原子炉までの疑似体験、といった世界が繰り広げられる。筑波大の装置では仮想空間内を実際に歩くことすらできる。
 すなわち、かつての視覚だけのVRから脱却し、聴覚・触覚・力感覚をも複合的に提示する世界へ、さらには“見せるVR”から“使うVR”へと大きく変貌を遂げているのだ。
 取材先ごとに独立した文章であるがゆえにまとまりを欠いている面もあるが、VRの現在がよく分かる本である。VRは現状でも十分に実用価値が高い、そう認識させられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示