サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ロイ渡辺さんのレビュー一覧

ロイ渡辺さんのレビュー一覧

投稿者:ロイ渡辺

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本企画火山!

2004/11/06 03:15

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書『企画火山!』はおちまさと氏プロデュースの下、「企画の教科書をつくる会」が制作したビジネス書の第2弾です。
 前作『企画の教科書』は、お陰様で好評を博し、このジャンルの本としては異例の7刷となるに至りました。

 前作では、企画を生み出しやすい「企画脳」を作り出すため、ステップ・バイ・ステップでその心構えについて述べました。そして本作『企画火山!』では、「2本目の企画はどうしたらいいんだろう?」という、次のステップについて考えてみました。
 企画人とは、常に「イイ企画ない?」と周囲から聞かれる運命にあります。つまり、24時間態勢で企画が頭の中にぐるぐるしていなければならないのです。
 本書のプロデューサーであるおちまさと氏は、まさにこの「24時間ぐるぐる男」です。そして、このスタンスこそ氏がヒットメーカーたりえている秘訣である、と確信しています。
 どうしたら2本目の企画立案に対するプレッシャーをはねのけられるのか? どうしたら何本も何本も企画を連発できるのか? どうしたらいつも企画を生み出せる状態にしておけるのか?
 こんな疑問に対する、究極の回答が本書なのです。

 打ち合わせの時、おち氏は言ったものです。
「今度はね、何かに喩えたいんだよね」
 それから何度もリアル企画会議が重ねられ、出てきたキーワードが「企画は火山だ!」でした。意識下に眠るさまざまな記憶を結合させ、無尽蔵のエネルギーを企画という形に変換することは、まさに、マグマが噴火となって噴き出す火山と同じなのです。
 みんなで一斉に膝を打ち、これだ! と決まった『企画火山!』のタイトル。
おち氏が言うところのプランナーズ・ハイを体験した瞬間でした。

 本書では、そこらへんの「バシッと決まる瞬間の快感」が追体験できる、貴書なのかもしれないな、と手前味噌ながら思ったりしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示