サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 久保民夫さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

久保民夫さんのレビュー一覧

投稿者:久保民夫

1 件中 1 件~ 1 件を表示

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 これまでタブー扱いされてきたリヒャルト・シュトラウスのナチス時代に焦点を合わせて、「シュトラウス=ナチス協力者説」を覆しつつ、そのオペラの制作原理を系統立てて見直したものです。同時に、シュトラウスの活躍した「第二」帝国の時代から、二度の大戦に至るドイツの歴史も浮き彫りにしています。特に、従来、蔑ろにされてきたナチス時代のオペラに光を当てた著者の功績は高く評価されるもので、同時代人の証言と歴史資料を交えて謎に迫る著者の筆致はまるで推理小説を読むようです。ぜひご一読ください。なお、これまでに下記のように多数の評価をいただきました。

■「喜劇は病的な時代を〈治療〉するか」(『朝日新聞』)→BOOKアサヒコムに書評が掲載されています。
■「ナチス政権とシュトラウスとの文化闘争——二十世紀芸術を考える上で貴重な考察」(『図書新聞』)
■「ワーグナーを継ぐ男はいかにナチスと闘ったか」(『週刊文春』)
■「ナチスに荷担したことで戦時中の作品の正しい評価がなされていない、リヒャルト・シュトラウス復権を図る!」( The Mostly Classic )→モーストリークラシック・エキサイトに書評が掲載されています。
■「日本におけるR.シュトラウスの楽曲の理解に大きく寄与」(『クラシックジャーナル』)
その他多くの書評をいただきました。
『出版ニュース』04年5月中・下合併号
『音楽現代』04年6月号
『サンデー毎日』04年5月30日号

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示