サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 23のHitomiさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

23のHitomiさんのレビュー一覧

投稿者:23のHitomi

1 件中 1 件~ 1 件を表示

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

えっと、今日はー。今日は『塵埃落定』について紹介したいと思います。
この作品は、復旦大学に留学している男女4人が、中国語がほとんどできないのに、こっちでたまたま知り合った中国人の先生に、訳が分からないうちに版権を買わされてしまって、出版の義務を負って、困り果てていた女の子から頼まれて、共同で、手分けして、手探りでやっと仕上げた翻訳本なんです。
翻訳が終わった時点で、彼女は、自分は、一行も翻訳してないし、中国語も解らないからと、私達の名前で出版するように言ってくれたのですけど、彼女が、バイトして、自費出版するのも知っていたし、お礼ももらっちゃったし、照れくささもあったし、それに何より、この本が、テレビドラマになった事や、映画も撮られることや、ノーベル賞候補であるとかちっとも知らずに、単なるHな小説だと思っていたもんで、「清代の著名な翻訳家林shuだって、自分は、外国語解らんかったからだいじょーぶだってー」と、翻訳家デビューのチャンスを逃してしまって、今思えばちょっと残念なんだけど、でも、ま、いい経験ができたとは思っています。
でも、私的には、この小説って、色んな出来事が次々に起こって、ほんと、訳してて疲れなかったし、面白かった。
内容を簡単に説明すれば、チベット族の地方の領主制度の栄枯盛衰を、色んなドタバタを通じて、領主の次男の、馬鹿お坊ちゃまの視点から、エキゾチックに、面白おかしく描いたもんで、そこには、涙あり、笑いあり...彼らの真実が赤裸々に描かれてるんです。
どんな真実?って...それは、読んでのお楽しみってやつでしょ−。
ドラマも、VCDとして東方書店や書虫とかで手に入るみたいなんで、日本で、中国語を勉強してる人にもお薦めだと思います。先に本で読んで、内容が分かってから、VCDでヒアリング。
中国で、中国語を勉強してる私は、結構、テレビドラマを中国語の勉強に役立てています。私達の本が、中国語をやってる人達の役に立ったら凄くうれしいです。私達、みんな初めての翻訳で、あんまり上手でないかもしれないけど、是非、読んでみてください。よろしくです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示