サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 西川大亮さんのレビュー一覧

西川大亮さんのレビュー一覧

投稿者:西川大亮

2 件中 1 件~ 2 件を表示

男たちのED事情

2001/11/13 10:36

目次

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

はしがき 5
プロローグ 15

第一部 人それぞれのED事情 31

ケース1 一六歳のトラウマ……田島さんの場合 32
初体験の失敗が尾を引いて/挿入直前の悪夢/EDからアル中へ/「自分の
全てをさらけ出せるようになりたい」/運命の女性と出会う/初めてのED
告白/「ほんとに好きだったら、それで別れることなんてしないよ」/回復
への追い風/「失敗してもいいからね」
解説1◎キーワード[予後不安、歪んだ認知] 55

ケース2 プレッシャーはペニスを襲う……田口さんの場合 61
借金と離婚の果てに/妻のセックス拒否宣言/男らしさの落とし穴/初めて
のED体験/出張先の天国と地獄/そしてセックスの新境地へ
解説2◎キーワード[ストレス] 78

ケース3 快楽は修羅場の果てに……船本夫妻の場合 84
「バイアグラ・セックス」って?/セックスなんて苦痛なだけ!/ついに離
婚を切り出す/男のプライドの末路/不倫で芽生えた性への意欲/妻の日記
帳/不倫の果てに/「私は惨めになることはないのだ」
解説3◎キーワード[男根主義] 108

ケース4 セックスは汚いってイメージがどこかにあって……岡崎さんの場
合 115
恋愛不全と恋愛依存の狭間で/恋人に見た「母の面影」/最初で最後の欲情
/「僕は何かに呪われているのかな」/母の不幸な記憶/近親姦への願望と
不安
解説4◎キーワード[性嫌悪症、性的欲求低下症] 135

ケース5 授乳シーンじゃないとだめなんです……新井さんの場合 143
性的嗜好は人それぞれ/病弱な少年と母の愛/十六歳で性嗜好に目覚める/
「私はマッチョな男性が嫌いなの」/勃起不全から射精不全へ/「わからな
いまま抱えていくしかないんです」
解説5◎キーワード[パラフィリア(性嗜好障害)] 160

ケース6 セックスなんてぜんぜん必要ない……けんちゃんとうらんちゃん
の場合 167
ラッキーな出会い/生身の裸なんて興奮しない/一日十五本のアダルトビデ
オ/右手の力に勝るものなし/「セックスしてくれないと納得できない」/
カッコつけない本当の自分/「犬ごっこ」の記憶/初恋と性の目覚め/風俗
嬢としての「自分の価値」/「勃起しないなんて、気持ちの確認ができない」
/セックスなしの深い関係/「自分のエッチな感覚に素直になれた」
解説6◎キーワード[二次元コンプレックス] 193

第二部 ED治療最前線 201
  1◆わが診療体験 202
  2◆診断法について 208
  3◆バイアグラについて 213
  4◆バイアグラ以外の薬剤について 223
  5◆薬物療法以外の治療法 227
  6◆サイコセラピー(心理療法)について 235
  7◆心因性EDを克服するために 244

エピローグ 249
あとがき 256
本書に登場する治療施設/性機能診療を行っている主な施設 260

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本主導プロジェクト、初の本格解説書籍

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 『ロボカップレスキュー』という耳慣れない名称は、日本主導で立ち上げられたNPO“ RoboCup Federation”内における研究プロジェクトの一つを指す。ロボカップ—サッカーを題材とし、FIFAワールドカップチャンピオンチームに勝利することを目的とする—と同様、災害救助を人工知能・ロボティクス研究のグランドチャレンジと位置づけ、世界中の研究機関による切磋琢磨の成果を社会へ還元する事を目的とする。きっかけが阪神・淡路大震災であることは言うまでもない。
 本書はプロジェクト初の書籍であり、シミュレーションプロジェクト(災害時環境のシミュレーションと救助戦略の開発)に的を絞っている。始まったばかりであるがゆえに、紙幅の大半は目的と概要、災害環境シミュレータの要求定義に割かれていて、救助戦略そのものや実際のロボットにまで手が届いていない。しかし、災害救助の重要性を鑑みると、ロボカップのように世界中の研究者が参入し爆発的に発展することが期待される。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示