サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 河出書房新社 文藝編集部 高木れい子さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

河出書房新社 文藝編集部 高木れい子さんのレビュー一覧

投稿者:河出書房新社 文藝編集部 高木れい子

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本自殺サークル 完全版

2002/04/24 12:44

編集者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 2002年5月。新宿駅8番線ホームから、女子高生54人が手をつなぎ「いっせーのせっ!」と声をはずませ、中央線快速電車に飛び込む。事故か事件か!? その真相をめぐり事態が騒然とするなか、やがて<自殺クラブ>の存在がネット上に浮かんで……。
 園子温監督の映画「自殺サークル」は謎多き作品と言われている。加速する連鎖自殺、廃墟ドットコム、現代のチャールズ・マンソンを名乗る狂信的な男、そして子供たちだけによって運営されていると思われる自殺サークルの存在……だが謎めいているのは、それぞれの因果関係が見えづらいからではない。
 「あなたと世界の関係は何ですか?」「あなたとあなたの関係は何ですか?」「あなたは何がいちばん知りたいのですか?」——すべての疑問を口にする子供の執拗さで、世界の根本について問い続けること。この映画が謎多き作品に見えるのは、どうやら、私達の世界が、謎めいているからなのだ。
 このスフィンクスの謎かけのような問いに、果敢にも自ら答えようとしたのが、園監督自身の書き下ろしによる、この小説だ。映画とは全く違うストーリーをもつこの作品は、1行先も読めない意外な展開につぐ展開で、エンターテインメントとしても、今までにないおもしろさを味わっていただけると思う。だが何よりも、「ほんと
うの私とは何か?」という思春期のやわな問いをも握りつぶす圧倒的な静謐さが、この小説の魅力だ。まるで青空が目にしみるように、この小説を読むと、違ったフィルターで世界をながめることができるようになること。それを著者ともども願ってます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示