サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 日本経済新聞社出版局営業部 佐藤俊明さんのレビュー一覧

日本経済新聞社出版局営業部 佐藤俊明さんのレビュー一覧

投稿者:日本経済新聞社出版局営業部 佐藤俊明

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

自由放任主義に基づく資本主義は、今なぜ危機に陥っているのか——。「市場の申し子」ジョージ・ソロスが世界に向けて発する警告の書。独自の論理で世界経済を牽引するビジョンを展開する、各国語版が刊行されている世界的な話題作!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

経済・社会の主導権を握るのは、市場か、それとも国家か——全世界で繰り広げられてきた政府と市場との格闘のドラマを、政治家や経済学者らの貴重な証言をもとに、ピュリッツァー賞作家が壮大なスケールで描破する!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

低迷する福祉国家から脱却した英国。官僚による市場統制に失敗した日本。混迷のロシア。全世界で繰り広げられてきた政府と市場との格闘を、ピュリッツァー賞受賞の筆者がいきいきと描く超大作。アジア危機を受け、米国のベストセラーを大幅改訂した日本語オリジナル版。世界の政界、経済界の有力者から推される評価の高い名著。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本グローバリズムという妄想

2002/08/26 19:31

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

英米から北欧諸国まで、いまや世界を席巻しつつあるアングロ・アメリカン型市場中心主義こそ、社会の安定性を損ない世界経済を混乱に陥れる元凶だ! 世界を代表する知性が市場万能主義の虚妄と危険性を警告する。第一級の社会思想家によるグローバル経済論。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

19世紀に始まった20世紀前半のグローバル化が大恐慌ととともに崩壊した原因を明らかにし、現在のグローバリゼーションにも終わりがありうること、その条件は何かを示唆。グローバル化の成果と反動を解き明かす。9.11事件以後表面化した、アメリカ主導のグローバル化の見直し機運で注目を浴びた本の邦訳。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する