サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 佐々木譲さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

佐々木譲さんのレビュー一覧

投稿者:佐々木譲

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本くろふね

2003/09/30 22:52

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

幕末、ペリー艦隊と最初に接触した日本人の名を、中島三郎助という。当時32歳の、浦賀奉行所の与力だった。その中島三郎助が生涯を終えたのは、明治2年5月の箱館である。箱館戦争の最終局面、彼はふたりの息子と共に京都政権軍と激烈な戦闘を交え、「最後のサムライ」として死んでいったのだ。その中島三郎助の生涯を語ることは、日本開国史を敗者の側から語り直す試みである。敗者の側にこのように生きた男がいたと知ったとき、読者はほんの少しだけ、幕末と維新についての見方を変えるのではないか。わたしは、そんな期待をこめて、本書を書き上げた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示