サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 柳澤輝行さんのレビュー一覧

柳澤輝行さんのレビュー一覧

投稿者:柳澤輝行

新薬理学入門 改訂2版

2003/03/26 03:15

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

薬理学(難しい科目?) まず、全体像を眺めてみよう(その1)
 薬理学の教科書は比較的平易な入門書から各種の国家試験を視野に入れた解説書やさらには薬理学会の重鎮・精鋭を戴いた共著で充実した大部のものまで様々な意匠を凝らしたものが多数ある。それでもあえて新しい入門書を書いてみようと思ったのは、薬理学講義の難しさと薬物に対する学生達の理解が核心に触れておらず講義の内容が彼らの血となり肉となっていないとの危惧があったためである。最先端の事項を網羅した大部の共著は調べものには適しているが、入門者にとってはあたかもジャングルに踏み込んでしまったように感じられるのではないか。彼らにとって大切なのは治療学の基礎となる薬理学の全体像を細部にこだわらずにあたかも鳥瞰図のように眺めることであろう。

 ところで薬理学は他の科目に比べて難しそうである。アセチルコリンやアドレナリンはまだいいが、アトロピン、プロプラノロール、シメチジンなどのなじみのない基本的薬物名をその作用機序とともに理解し記憶することが求められる。また、学問の進歩とともに薬理学の関連領域の情報が膨大になってきている現実もある。主要な薬物は臨床の場で出会うことの多い種々の病態や疾患の治療薬である。ところが、多くの入門者は病気、ましてその治療の原則を全くといって知らない状態で治療薬を学ばなければならない。このように薬理学は入門者ばかりでなく講義するものにとっても難しい学問であるといって良い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する