サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 碓井 広義さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

碓井 広義さんのレビュー一覧

投稿者:碓井 広義

1 件中 1 件~ 1 件を表示

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 日本でテレビ放送が始まったのは一九五三(昭和二八)年。今年、ちょうど五十周年を迎えました。はじめモノクロだった画面がカラーになり、BSやCSなど衛星放送が登場し、この年末には地上波デジタル放送もスタートします。
 この半世紀、テレビが日本人の生活に深く浸透するのと並行して、テレビの影響力もまた増大してきました。その一方で、テレビの“負の要素”を含む「特性」に関して、視聴者側の持つ情報は、まだまだ少ないというのが現状です。
 このたび、PHP新書から『テレビの教科書〜ビジネス構造から制作現場まで』を出させていただきました。市民・視聴者のためのメディア・リテラシー入門書です。テレビの歴史からビジネス構造、そして番組の作られ方を知ることで、テレビが送り出す情報を鵜呑みにするのではなく、情報を自分なりに“読み解いて”もらうことを目指して書きました。
 なぜ「視聴率主義」がはびこるのか、テレビから「やらせ」が消えない理由、実際の番組作りの「裏側」などが分かると、テレビの見方も変わってくるはずです。
 学生時代から、気になる新書は昼飯を抜いてでも買ってきました。そんな新書という“知のライブラリー”に、自分の一冊を加えさせていただくことは、やはり嬉しいことです。
 出来れば、この本を読んでくださった方たちが「賢い視聴者」、さらに「プロの視聴者」となって、テレビを楽しみながらも、しっかり批評・批判してくださるといいと思います。テレビもまた一つの文化であるならば、文学や映画と同様に、作品に拮抗しうる批評の存在が必要だからです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示