サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 偕成社さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

偕成社さんのレビュー一覧

投稿者:偕成社

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本花よりも小さく

2003/11/18 15:39

編集者コメント

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

星野さんの魅力

 ここ数年の星野さんは、たいへんお元気で、ハワイ、サンフランシスコで開催された詩画展にも出かけられ、日本各地で次々と開かれる原画展では、ユーモアあふれる挨拶をされて会場を沸かせました。
 繊細で優しい花の絵、心の奥底に響く詩をかかれる星野さんですが、お目にかかると、シャレがつぎつぎと飛び出す闊達な人柄で、強烈な魅力をもっていらっしゃいます。
 新刊「花よりも小さく」にはそんな星野さんの一面があちらこちらに感じられて、今までとは一味違った詩画集になりました。

(偕成社ホームページより)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 サンタクロースを信じているこどもたちにとっては、サンタさんは不思議な存在です。

「サンタさんは何人いるんだろう?」
「ふだんは何をしているのだろう?」
「プレゼントはどこから買ってくるの?」

こんな具合です。

 そんな子どもたちの疑問に答えてくれるのが『あのね、サンタの国ではね…』という絵本です。この絵本はサンタの国のおはなしで、一月から十二月までのサンタさんの暮らしが見開きごとに描かれています。

ぜひ親子でこの絵本を読んでみてください。読んでいくうちに、子どもが疑問に思っていることへの答えが、自然に出てくるはずです。たとえ答えが見つからなくても、この絵本の世界から子どもの質問に答えることは容易でしょう。

あとは現実的な問題だけです。

「僕の(私の)プレゼントは、いつくるのだろう。」



(偕成社)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 トナカイをあやつり、真っ赤な服に白くて長いひげのおじいさん。十九世紀の初め、クレメント・ムア教授が自分の子どもたちに書いてあげた一篇の詩は、のちのサンタクロース像を決定づけるものでした。この詩に、アメリカの絵本作家ターシャ・テューダーが挿し絵を描いた作品、それが、この『クリスマスのまえのばん』です。ターシャは、十九世紀のライフスタイルを今も実践している今年八十六歳のおばあさん。田園でひとり、自給自足の生活を営む彼女の生き方にあこがれる人も少なくありません。ムアの詩とターシャの絵によるコラボレーションは、時空をこえて、読者を静かな雪の聖夜へと誘ってくれることでしょう。クリスマス・イヴのひととき、大切な人とそっとページをひらいてほしい絵本です。この絵本は一九九九年ターシャが全面的に絵を描きなおした新版で、聖夜の幻想的なイメージがより強くなり、世代を問わず読んでもらいたい一冊に仕上がりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示