サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 吉川弘文館さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

吉川弘文館さんのレビュー一覧

投稿者:吉川弘文館

5 件中 1 件~ 5 件を表示

戦国武将合戦事典

2005/01/20 18:30

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

戦国乱世を読み解く本格的〈武将・合戦〉事典。武将七四〇、氏族二五六、合戦六七項目を三編に収録し、最適な執筆陣が精確な史料に基づき詳細・平易に解説。肖像・花押(かおう)・合戦図屏風など、本文理解を助ける図版を多数掲載し、読むほどに武将・合戦の歴史への興味と理解が広がる入門書としても最適な編集。ユニークな在世年表、検索に便利な索引付。

本事典の特色

●武将・氏族・合戦の三部構成、計一〇六三項目
十五世紀半ばから十七世紀半ばごろまでに活躍した武将や重要な政僧など、人名七四〇項目、氏族二五六項目と、享(きょう)徳(とく)の乱より島原の乱にいたる合戦六七項目を、戦国武将編・武家系譜編・合戦編の三部構成で収録。
●興味と理解が広がる多角的な編集、入門書として最適
「戦国武将編」では人物を没年順に、「合戦編」では合戦を発生順に配列。同時期に活躍した人物などへの興味と理解が広がるとともに、合戦を時系列に沿って読み進めることができる、入門書としても最適な編集。
●姓(しょう)氏録(じろく)としても活用できる武家の系図を多数掲載
「武家系譜編」では、武家の興亡や近世大名への発展の歴史をコンパクトに紹介。さらに、項目ごとに系図を配し、記述を補完する。
●信頼できる執筆陣と読みやすい大きな活字
各項目ごとに最適な執筆者が、確実な史料に基づき詳細かつ精確に解説。本文には大きな活字を使用し、人名や歴史用語に多くの「ふりがな」を付すなど、わかりやすさ、読みやすさを追求した。
●本文の理解を助ける充実した図版類
本文中には、二〇五名の肖像のほか、花押(かおう)・印章(いんしょう)、合戦図屏風や配陣図などの図版を多数掲載して本文の理解を高めた。
●戦国時代へと誘うカラー口絵・巻頭総説
合戦の実態を今に伝える長篠(ながしの)の戦、関ヶ原の戦などの合戦図屏風を、迫力あるカラー口絵で掲載。また、巻頭総説「戦国時代と武将」では、動乱の戦国時代史を分りやすく解説するとともに、混迷の現代における戦争と平和を考える。
●ユニークな在世年表と便利な年表・索引
付録として、武将・大名の活躍時期がひと目でわかるユニークな在世年表を収録。さらに、大名の動向を中心とした年表や、人名項目と合戦項目を関連づけて検索できる便利で重宝な索引を付す。

(峰岸)1932年、群馬県に生まれる。現在、東京都立大学文学部名誉教授。
(片桐)1973年、長野県に生まれる。現在、中央大学講師。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本近現代日本人物史料情報辞典

2004/06/24 12:46

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

作家・半藤一利氏推薦!
明治から現代にいたる日本史の主要な人物539人に関する基本史料(書類・日記・書簡など)の所在、来歴、利用状況などを詳細に解説した、初の画期的データファイル。遺品や口述記録なども個人史料として収め、著名な伝記や主要な研究書まで紹介するなど、近現代史研究に役立つ豊富な人物史料情報が満載。研究者・作家・マスコミ関係・図書館に必備。

本辞典の特色
◆失われつつある近現代史の貴重な人物史料情報を収集・整理し公開
近現代史を読み解く豊富な情報が含まれている個人史料。近年、散逸し急速に失われつつあるこれら史料の情報を収集・整理し、ひろく公開する。
◆明治から現在まで、539人の個人史料情報を掲載
皇族・華族・政治家・軍人・学者・思想家・宗教者・作家・政治活動家・社会運動家など、明治元年(1868)より現在までの多彩な人物539人の個人史料情報を掲載する。
◆日記・書簡から遺品・口述記録まで、豊富な史料情報が満載
収載人物が書き残した日記・書簡のみならず、遺品や口述記録(オーラルヒストリー)まで収め、所在(所蔵機関など)・来歴・利用状況など、豊富な史料情報を提供する。
◆最適な執筆陣による精確・詳細な記述
収載人物に最適な執筆者227人が個人史料情報を精確かつ詳細に解説。レファレンス機能も充実。
◆明治・大正・昭和戦前期はもちろん、戦後および現代の人物情報まで多数収録
石橋湛山・市川房枝・伊藤博文・木戸孝允・久米邦武・迫水久常・佐藤栄作・高橋是清・田中正造・東條英機・新渡戸稲造・長谷川如是閑・平塚らいてう・福沢諭吉・明治天皇・森 有礼ほか。
◆研究者・作家・マスコミ関係者・図書館必備の手引辞典
収載人物に関する著名な伝記や主要な研究書をことごとく紹介。近現代史研究者はじめ、作家・マスコミ関係にとって座右必携の手引辞典。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

主な目次

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

口上に代えて—プロローグ/落語の中の彫刻・工芸(「金明竹」—難解タームてんこ盛りの前座噺/「竹の水仙」「三井の大黒」「ねずみ」—名工左甚五郎/「居残り佐平次」—換金可能なたばこ入れ)/落語の中の絵画(「雁風呂」—土佐光信の屏風/「応挙の幽霊」—幽霊画といえばなぜ応挙/「鰻の幇間」/「ふだんの袴」—ああ文超晃は名人だ)/落語の中の浮世絵版画/落語の中の渡来文物

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本鬼の復権

2004/01/30 11:41

主な目次

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

鬼の原像を求めて…プロローグ/追儺の鬼(中国の儺(鬼やらい)/日本の追儺)/鬼の杖と宝物(カギ引きとシメ引き/鬼の杖 山人の杖/宝と五穀は他界から)/中世の神と鬼(後戸の神と戌亥/憑依と一人称の語り物/呪師芸と橋がかり)/タマの去来と季節風(飛来するタマ、死と病/タマカゼとカミの去来/円環する生命とオニ)/原始・古代の霊的存在/死者と生者の世界…エピローグ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

子どもの中世史

2003/06/10 18:06

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「それ長者といふは、子ども男女をおしならべ」—何よりも子どもに恵まれてこそ人生の幸福があると考えられていた中世。甑落とし、アヤツコ、御守りなど、誕生・産育にまつわる営みや、賽の河原や石女地獄に、人は何を見ていたのか。労働力としての存在や、薬用とされた衝撃的事実など、文献・絵画・文学・民俗史料を駆使して、その実態を検証する。

〈主な目次〉中世を生きる子ども/I=「甑落とし」と「土器破り」(「御胞衣とゞこほる時」/他)/土器に胞衣を納める/II=アヤツコ考(アヤツコの発見/他)/III=子どもの御守り(懸守りと「膚の守」/他)/IV=働く子ども—売買される子ども—(売買される子ども/他)/V=「子取り」(子どもを取って食う鬼/他)/VI=賽の河原の誕生(子どもの地獄/他)/VII=石女地獄について(絵解きされる石女地獄/他)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示