サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 藤水名子さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年5月)

藤水名子さんのレビュー一覧

投稿者:藤水名子

1 件中 1 件~ 1 件を表示

覇王残影

2001/12/24 18:36

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本当は、正統派ヒーローによる、正統派の活劇を描いたはずだった。
 ところが、暗い宿命と闘う孤剣のヒーローは、いつのまにか、昔の女をいつまでも忘れられない女々しい男になってしまった。この物語を書きはじめてから、足かけ六年の歳月のあいだに、どこでどう間違ったのか。
 シリーズの第一作が小説新潮誌に掲載されたのは、デビュー四年目の一九九五年。それから数えれば六年だが、男にも女にも強い(はず)のこの手の主人公は、私の最も好むところで、物語の原型はデビュー当時から構想されていた。してみると、十年のあいだ、一人の主人公(おとこ)とつきあったことになる。はじめは理想の男に見えても、つきあううちには粗が目につき、生身の等身大の存在と化して当然。憧れるだけだった恋も、相手の人間的な弱さや欠点を知ったときから、より親密な愛情に変わる。まあ、別れた女に対する執拗な未練を、愛すべき人間味と解釈できるようになるまでには、私のほうにも、相応の心境の変化が必要なんだけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示