サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 著者本人さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

著者本人さんのレビュー一覧

投稿者:著者本人

1 件中 1 件~ 1 件を表示

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本の根底に流れるフィロソフィーは、英語を学習していく過程で、単に通じるというレベルで満足してしまう、あるいはそれ以上の努力を怠ると、結局壁にぶつかり「不自然な英語」から抜け出せなくなる可能性があるということです。なぜならば、英語を使ってかろうじて用が足せても、人を説得したり、影響力を及ぼすことは容易ではないからです。人を動かすような『インパクトのある英語』を使えるようになるためには、ネイティヴが普段何気なく使う「自然な英語」(慣用表現)をできるだけ多く身につけることがキーです。「身につける」とは単に読めば、あるいは聞けば分かるというレベルではなく、「脳に焼きついた」、自分の「血肉となった」といえるまで練習することです。本書のアプローチは著者の約20年に渡る米国でのビジネス経験を軸に、過去10年以上に渡り構築してきたデータベースの中から選んだ、頻出で汎用性のある(つぶしの利く)表現を、「気言声体の一致」という概念と「英語の素振り」という手法を使って身につけるというものです。学生、ビジネスマン、ビジネスウーマン、英語教育者、その他教育者、等、現在、あるいは将来ネイティヴと互角にやり合える英語力をつけたい方にぜひ読んでいただきたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示