サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 巽孝之さんのレビュー一覧

巽孝之さんのレビュー一覧

投稿者:巽孝之

1 件中 1 件~ 1 件を表示

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 プログレッシヴ・ロックについての本は、ライフワークにする予定だった。なにしろ相手は、かれこれ四半世紀ほども以前にピークを過ぎてしまった「失われた音楽」である。いまどき何ともディープな趣味、と自分でも思う。
 それが2002年3月、急遽、この新しい文化批評シリーズの企画が決まり、わたしは第一部「キメラの音楽」を中心に250枚ほどを、一気呵成に書き上げた。草稿では第二部「キメラの文学」も分厚く、佐藤春夫や青池保子、高野文緒らに一章ずつ割いていたのだが、枚数制限から収録を見合わせている。このスリムな本はそのぶん、プログレ偏愛の核心を凝縮した出来となった。
 校了直後には、昭和歌謡界最高のデュオ、ザ・ピーナッツの歌う「エピタフ」(キング・クリムゾン)を含む1972年度ライヴ盤CDを入手。宮川泰編曲、高橋達也と東京ユニオン演奏で、ジャズ・オーケストラとプログレ・メロトロンが溶け合う倒錯の一瞬ほど、ぞくぞくしたことはない。平凡社での前著『「2001年宇宙の旅」講義』では世界を席巻する「アニメ眼」の現実を語ったが、さしずめ本書は来るべき「プログレ耳」の時代のマニュアルとでもいうべきか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示