サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. かもめさんのレビュー一覧

かもめさんのレビュー一覧

投稿者:かもめ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

緑色の異邦人

2004/06/03 03:15

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この「緑色の異邦人」は、最近になって、少しずつ出始めているようだ。何故だろう。理由はどうあれ、書き手としては嬉しい。短い読み物が十編収録されている。内容が類似したのが2、3ある。これは視点を変えながらの連作。この中の「春蘭」で、北日本文学賞の選奨をいただいた。選者が井上靖先生だった。選奨受賞よりも、井上先生に読んでいただけたことに至福を感じた。著者は「日射病」「水商売」が気に入っている。異論はあるかも知れないが、なぜかこの二つの作品には愛着がある。「天国への土産」は収録するべきじゃなかったかも知れない。読み返してみると、未熟かな、と思う。けれど、出したものは仕方がない。あとはもう、読んでくださった人々の判断に委ねるしかない。暇なおりにでもこの本に触れてもらい、ほんの少しでも、愉しんでもらえれば、と願って止まない。なにしろ無名である。応募をし続け、活動の場はもっぱら、同人誌となっている。近年、励みになることがあった。年に二回発刊する同人誌だが、五回連続、文学界の同人誌批評に取り上げられた。取り上げられたところで何ら日常に変化はないけれど、無名の書き手はこんなことにさえ、転げ回りたくなるほどに嬉しい。だが、それよりももっと嬉しいことは、一人でも多くの読者に恵まれることである。そう願いつつ、今日もまた、升目を埋める。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示