サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 日経広告研究所さんのレビュー一覧

日経広告研究所さんのレビュー一覧

投稿者:日経広告研究所

3 件中 1 件~ 3 件を表示

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

少子高齢化などによる日本社会の構造変化が要請する「新しい目盛り」の発見を通し日本の現状を分析し、今後の日本のあるべき姿を描く。「マーケティングは社会科学」とする著者がその真髄を示し啓発する注目の1冊。

■著者紹介
崎山 嗣夫
1949年 熊本市生まれ。1973年 社会調査研究所(現インテージ)入社。1979年 花王株式会社入社、調査部。1989年 ハウスホールド事業部プロダクト・マネージャー。1991年 販売部門、九州及び近畿地区マーケティング部長。1996年 化粧品販売、東京第4地区統括。1998年 花王販売、流通開発部統括部長。2000年 調査部長。2003年 花王株式会社退社。2003年 崎山マーケティングオフィス設立。

■目次
第1章 序論
日本の現状を分析し、今後の日本のあるべき姿を描く

第2章 「不健全な状況」の深化メカニズム
市場・消費者から見た「不健全な状況」の10+1

第3章 「不健全な状況」における行政のあり方
行政として健全な社会を作る価値の確立

第4章 「不健全な状況」における企業のあり方
企業が考える日本経済回復の視点

第5章 日本発世界初の創造的マーケティングへの挑戦
日本社会における構造的パラダイム変化への対応

第6章 新たな序論
世界から尊敬される日本への挑戦

あとがき

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本広告白書 平成15年版

2003/07/15 16:33

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

02年度の広告界を振り返ると同時に、03年度の広告費を見通し、産業連関表により中期予測を行う。特集としていま広告界で注目のアカウント・プランニングに関する調査の分析結果を解説。巻末に各種データを収録。

■目次
はしがき

第1章 広告界の動き
1.広告の環境
2.2002年の広告費
3.各媒体の動向
4.SP広告の動向
5.広告主の動向
6.広告会社・広告関連団体の動向
7.広告をめぐる国際環境
8.トピックス——広告会社への報酬制度

第2章 クリエーティブの動き
1.2002年の新聞広告
2.2002年のテレビCM
3.2002年度の広告賞
<2002年度広告賞一覧>

第3章 2003年度の広告費見通し及び中期予測
1.広告主の2003年度広告費見通し
2.電通と民放連の予測
3.日経広告研究所の広告費四半期予測
4.産業連関分析による中期予測

第4章 広告・マーケティング研究と新刊図書
1.2002年の広告・マーケティング研究の特徴
<2002年広告・マーケティング研究一覧>
2.2002年に発行された広告関連の図書
<2002年に発行された広告関連図書一覧>

第5章 広告調査の動向
広告関連データの概要
<広告関連データ一覧表>

資料編

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

近代マーケティングはどのような時代背景のもとに生まれ、発展していったのか。そして広告の役割・機能はどう捉えられたのか。進化論的方法論を踏まえて、マーケティング・広告研究の足跡をたどる。

■著者紹介
堀田 一善(ほった・かずよし)
1940年生まれ。1964年慶應義塾大学商学部卒業。1967年同大学院商学研究科修士課程修了。1970年同大学院商学研究科博士課程単位取得退学。1967年慶應義塾大学商学部助手、1972年同助教授を経て、1984年教授、現在に至る。
<主な著書>
『マーケティング研究の方法論』(編著、中央経済社)
『マーケティング論』(共著、日本評論社)
『マーケティング研究の新展開』(共著、千倉書房)
『オルダースン理論の再検討』(共著、同文舘)
『H・ラフェー・B・アベル 編著 現代科学理論と経済学・経営学方法論』(共訳、税務経理協会)
『B・J・コールドウエル 著 実証主義を超えて——20世紀経済科学の方法論』(監訳、中央経済社)ほか多数。

■目次
はしがき
第1部 学説史研究の意義と通俗的見解に対する批判
第1章 通俗的見解に対する批判
第2章 思想史研究の意味と伝統的学説史研究の諸類型
第3章 客観的知識の基礎づけを巡る議論の変遷——概説——
第4章 知識の進化論的見方としての学説史研究

第II部 19世紀後半のアメリカ経済構造の変貌と近代マーケティングの成立——状況分析による歴史的理解——
第5章 製造企業の金融的自立——近代マーケティング成立の契機
第6章 戦後経済と産業構造・競争行動の変貌
第7章 反トラスト政策と競争行動の変貌

第3部 マーケティングおよび広告研究の展開
第8章 マーケティング論生成期の知的背景
第9章 体系的マーケティング研究の成立
第10章 広告研究における理論的に前進的な問題移動

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示