サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. WOEさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

WOEさんのレビュー一覧

投稿者:WOE

1 件中 1 件~ 1 件を表示

編集者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

巷には、英語に関する本が溢れおり、書店では目移りするばかりである。文部科学省が「英語が使える日本人」の育成に取り組む中、学校教育の場にとどまらず、街中でも家庭でも、通勤通学の電車でも、私たちの英語学習熱は加熱し、学習者の低年齢化も含め、学習者の数が着実に増えている。 本書には、小刻みで短期的な英語力アップの目標設定とhow-to重視の視点から離れ、人生における英語とのつきあい方に思いをめぐらせるきっかけになってほしいとの願いをこめた。「英語が使える日本人」とはどういう人か、英語が使えるようになるとはどういうことができるようになることなのか、英語が使えるようになって、いったい自分は何をしたいのか…。英語を一生のテーマとして捉え、グローバルな世界で、英語による言語活動をする自分を想定する機会が、今、必要なのではないだろうか。その目標が見えると、英語はそれを達成するための手段になると同時に、より大きな文脈の中で、人生をより豊かにするための重要な資質として意味を持ち始める。
英語のネイティブ・スピーカーは世界の人口の一割にも満たないが、決して一様ではない。少数でも多様なネイティブ・スピーカーと、英語を外国語として使用する、日本人を含む世界の人々と、そして英語を公用語とする国の人々・・・さまざまな背景の人々が世界中で使う英語であるからこそ、多様で豊かな生きたことばとして発展しているのである。
国際社会に生きる者にとって、英語は一生の言語である。ネイティブ・スピーカーやそれ以外の人々との接点を持つ機会は国内外においてますます増えるであろう。そのような状況で英語の活用法を考えると、英語でコミュニケーションができるとはどういうことなのか、日本人として英語を使うことにどのような意義があるのか、さまざまな新しい可能性が見えてくる。 多くの地域の独特な英語が、World Englishesの中の英語の一類型としての地位を得ている今日、日本人も日本人の英語で、日本や世界を語りたい。そうする時、私たちは非ネイティブ・スピーカーというよりも、native speakers of Japanese Englishとして、World of Englishの中へとはばたいていけるのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示