サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 幻冬舎さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

幻冬舎さんのレビュー一覧

投稿者:幻冬舎

9 件中 1 件~ 9 件を表示

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

"黄金の羽根"のエッセンス!!

億万長者になって、王侯貴族のような生活を送ることが誰にでもできるわけではない。
だが、自分と家族のささやかな幸福を実現することは、それほど難しくはない。
必要なのはほんの少しの努力と工夫、自らの人生を自らの手で設計する基礎的な知識と技術だ。(帯より)

——日本人の人生設計の基本型は、三十代でマイホームを購入し、定年までに住宅ローンを完済し、退職金と年金を原資に悠々自適の老後を送るというものだった。ほとんどの経済的な問題は、マイホームの含み益によって解決することができた。だがこの十数年で、すべての前提が忽然と消滅してしまったのである。こうして多くの日本人が、人生設計の再構築を迫られることになった。
 しかし、この事態をいたずらに悲観する必要はない。時代の大きな変化は、私たちに新たな可能性をも与えてくれるからだ。(著者まえがきより)

 『雨の降る日曜は幸福について考えよう』は、ベストセラーとなった『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『マネーロンダリング』の著者が、しんみりと心に深く残る逸話と、時にこれ以上ないほどの過激な論考によって、幸福とお金について綴った本です。なぜ著者が人生設計について、これほどまでに考えるようになったのか、ということ、そして『黄金の羽根』のブレイクによって寄せられた批判、「人生を金勘定で語るだけでいいのか、どうすれば経済的に成功できるのか、サラリーマンは辞めたほうがいいのか、家を買ってしまった人はどうすればいいのか、社会の歪みを利用するのは卑怯なことではないのか」などの疑問・批判に真正面から答えています。
 また「年金制度を廃止しよう」「国家に国民を保護する義務はない」「貧しい者がより貧しい者を搾取する生活保護」「介護保険は必ず破綻する」「公務員は障害者に席を譲れ」「財政再建は覚醒剤合法化で」「所得税は憲法違反である」などの提言も、刮目すべき内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

●「黒人にとっても白人にとっても平等に刺激的で平等に気まずい、それがマッグルーダーの人種関係の描き方だ」(New York Times)
●「数々の賞に輝く『ブーンドックス』で、マッグルーダーは現代文化の政治的、社会的試金石にユニークな視点を投げかかる」(Savoy)

 本書は、「こんなマンガ、どうして新聞に載せられたんだ?」とマイケル・ムーアが驚いた、全米で毎日2000万人に読まれている超人気コミックの翻訳です。ギャグとカワイさを武器に立ち向かう「黒いチャーリー・ブラウン」、それが『ブーンドックス』の主人公・黒人少年ヒューイ。その陽気な反体制活動が巻き起こす論議は今でも止まらず、アメリカの新聞マンガ史上、最も影響力を持ち、議論を呼び、痛烈で、おかしいマンガとされています。アメリカ文化に詳しい訳者・町山智浩氏の脚注と合わせて読むと、他のどの本に書かれているアメリカよりもリアルなアメリカの姿が見えてきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

壊れるもの

2004/07/14 11:28

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

目覚めるたびに、悪夢が始まる。大手百貨店の課長職、妻と娘と家族三人暮らし、四十歳をすぎて手に入れた郊外の一軒家。ごく一般的な、ささやかな幸せ。しかし、そんなありふれた日常に生じた一点の染みが、突如、絶望の底なし沼となって男を呑み込んでいく。いっそこのまま狂えたら……。業界最注目の気鋭が描く、書き下ろし長編小説!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大ベストセラー『7つの習慣』を日本に紹介した著者ジェームズ・スキナーが、成功技術の全貌を明かす。

夢の人生を実現する上で「違いをもたらす違い」とは何か?生活のあらゆる場面において結果を改善させる方法を示し、「達成の科学」と「充実の芸術」を説明する。

●あなたの生活を支配している「間違った連想」
●数十年を数時間に短縮する加速学習
●疲れないカラダを作る30日間の健康プログラム
●あなたの感情を180度変える「感情のレシピ」
●成功させる魔法の言葉、インカンテーション
●解決策を見いだし、新しいアイデアを発見する質問の技法
●効率を劇的に向上させる時間管理の三大アイデア
●うまくいかなければ、アプローチを変えよう!
 「常なる改善」の4つのステップ
●一瞬で人間関係を築く秘訣
●相手への理解を深めるコミュニケーションの神技

<本書を読むことで期待できる生活の変化>
・決断力が高まる
・時間管理がうまくなり、充実感が得られる
・さらに健康になり、バイタリティーを手に入れる
・自分のミッション(人生の目的)が明確になる
・感情のコントロールができるようになる
・リーダーシップがを発揮し、業績を高める
・行動力が著しく向上し、目標達成が加速される
・コミュニケーションのスキルが上達し、人間関係の問題が解消される

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

◆『黄金の羽根の拾い方』の橘玲が教える、お金のヒミツと世の中のカラクリ!
 たった3万円で、誰でも1週間のハワイ豪華旅行(ビジネスクラス+プライベートビーチ付きリゾートホテル)ができる。こんなおいしい話が世の中にあると信じますか?
◆知っているか否か、こう考えられるか否かで、人生は決まる。
 金持ちほど金を使わず、金の使い方を知っています。金持ちになるにも貧乏のままでいるにも経済学的に理由があります。銀行、クレジットカード、ポイントカード、各種金券、保険、宝くじ、消費者金融、住宅ローン、リゾートマンションと会員権などなど、まずは「お金の秘密と世の中のカラクリ」を知らないと一生、金持ちにはなれません。すべては経済合理的に考えることから始まる。さあ、こんなとき、お金持ちはどうするか?
……『お金持ちになる黄金の羽根の拾い方』『マネーロンダリング』の橘玲がすぐに使える金銭哲学を伝授。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

6月刊行の予定が、なぜか遅れに遅れて10月刊行に。著者のみならず担当編集者のだらしなさも明るみに出てしまいましたが、ブックデザインの鈴木成一巨匠に免じて(?)お許しを!
さて、2冊目となった「だらしな日記」。今回は、蕎麦を食べにいったついでに衝動買いしてしまった100平米のマンション購入記(果たして無事、引っ越しできたのか?)に、決死の覚悟で挑んだ、5泊6日の断食合宿紀行(果たして何キロ痩せたのか?)、さらに1年間の新刊読書索引(星とりあり!)までついたフルスロットル。
だらしなぶりに共感したり笑ったり、マンション購入とダイエットの反面教師にしたり、読書のガイドにしたりと、たくさんの楽しみ方ができる、お得で分厚い1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

しっぽを立てれば、あなたの恋愛もセックスもうまくいく!
「モテる人」と「モテない人」の違いは、からだの中を流れる「セクシーエネルギー(脳脊髄液)」と「しっぽ(尾骨)」にあった?骨盤の開閉運動も、実はこのセクシーエネルギーが支配していたのです。
愛とからだとこころの不思議を解く鍵、セクシーエネルギー(脳脊髄液)としっぽ(尾骨)の神秘的なしくみを初公開。
なぜ恋愛がうまくいかないのか、なぜセックスでイケないのか、なぜ勃つときと勃たないときがあるのか、フェロモンとは何か…。目からウロコが落ちまくり、こんなにわかって、イイんです。初公開の新レシピやエクササイズもたーっぷり。
寺門からだ理論の決定版!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本は世界で初めてデフレを克服する国になる!
狭く、険しいが、希望へと続く唯一の道とは?

 2002年9月30日の内閣改造で、思いもよらず私は金融担当大臣を兼務するように命ぜられました。
経済財政担当大臣としてのマクロ経済運営の仕事に加え、不良債権問題に象徴される金融システム強化の問題にも取り組む必要が生じました。しかし、その途端、それまで「不良債権処理をもっと早めよ!」と豪語していた人々のなかでも、手のひらを返したように「不良債権処理を進めたら経済が大変になる」と吹聴する人たちが出てきました。
このような人たちを見て、私はこの本を何としても早く出版したいと考えるようになりました。
 打ち出の小槌のような政策ではないのです。地に足をつけたしっかりとした日本経済の政策を見つめ、政策議論を今しないと、問題は先送りされ結局は国民自身が大きな被害を受ける事になってしまいます。まず、日本経済と国民の力に自信と誇りを持ち、一方で魔法のような政策は無い事を認めた上で、着実に改革を進めようではありませんか。
 この本がそうした意味で皆さんが日本の経済と経済政策を考える際のひとつの座標軸になれば幸いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。


 著者は、小説『マネーロンダリング』の作者で、この作品は「今年上半期の最大の収穫」(読売新聞/松原隆一郎・東京大学教授)、「徹夜してまで読んだほどの本は何十年ぶりだろうか」(信濃毎日新聞/越智道雄・明治大学教授)、村上龍「この小説には、貴重な情報が縦横に織り込まれている」などと各紙誌で、絶賛されました。
 そうした金融を知り尽くした経済小説の旗手の新作は、この絶望的経済状況の中で、実はごく普通の人にもっとも求められている「人生設計の方法」です。著者は、長年の「海外投資を楽しむ会(AIC)の活動と執筆した「ゴミ投資家シリーズ」(メディアワークス)を通じて得た知見を、この本にすべてぶち込みました。そして、ベストセラーとなった『金持ち父さん貧乏父さん』など、昨今の巷にあふれる“金持ち本”のトリックを完全に見破り(本書20ページ参照)、今まで誰にも語られず隠されてきた人生を合理化するノウハウを公開しています。

どのようにして資産を増やすのか?
世界でひとつしかない金持ちの方程式とは?
人生の大きな買い物、不動産をどうする?
生命保険については?
年金制度、厚生年金基金、健康保険制度、すべて破綻する理由とは?
不可能を可能にする奇跡のファイナンスとは?
みんな知りたい! 税金の表と裏は?
もうひとつの人生PTとは?
経済活動をともなうすべての場所に落ちている“お金持ちになれる黄金の羽根”、それをどのようにして見つけ拾うのか?

答えはすべて本書に書かれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示