サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 太田肇さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

太田肇さんのレビュー一覧

投稿者:太田肇

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ホンネで動かす組織論

2004/04/05 03:15

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私たちの職場や社会では、「タテマエとホンネの使い分け」がまかり通ってきました。しかしいま、その矛盾がつぎつぎに露呈されています。続発する企業の不祥事や手抜きによる事故、表面的な忠誠心だけ高い「ぶら下がり社員」の増加・・・
 もはやタテマエ論で糊塗したり、抑圧したりできないことは明らかです。個人のホンネをふまえ、そこから組織や仕事のやり方を根本から変えていかなければなりません。
 そのためにはまず、個人のホンネがどこにあるかを探ることが必要です。一見不可解な人々の言動、組織の迷走、倫理の荒廃の陰には、個人の利害、打算、嫉妬、名誉欲といったドロドロとしたものが隠れています。それを抑圧するのではなく、表に出し、そこから出発するのです。
 本書では、生活の場や働く場でみられるさまざまなエピソードや具体的な現象を取り上げながら、それらが個人の隠れたホンネに根ざしていることを明らかにしていきます。そして、それを抑圧することがいかに危険かを説明しています。そのうえで、「ホンネで動かす組織づくり」について提言します。
 白々しいタテマエ論に飽き飽きしている人、人間の本質について改めて考えてみたい人、ホンネに正直な生き方・働き方をしたいと思っている人、メンバーの力を最大限に引き出して活力ある組織をつくりたいと考えている人たちに是非読んでもらいたい本です。
 なお、各章末には、日常の「タテマエとホンネ」を扱ったエッセーを載せていますので、併せてお楽しみください。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示