サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 玉川 徹さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

玉川 徹さんのレビュー一覧

投稿者:玉川 徹

1 件中 1 件~ 1 件を表示

税金返せ!

2004/06/28 15:39

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

官僚の取材を始めて以来、頭を掠める疑問がありました。なぜ官僚社会は変わらないのだろう。これだけ繰り返しメディアで厳しい批判に曝されながら、いっこうに変わらないのはなぜなのだろうと。
 結局は、国民が外圧になれなかったから、官僚たちも変わらなかったのです。では、それはなぜなのでしょうか。
 私は、日本人がその事実を、受け入れてきたからだと思っています。もちろん、一過性の怒りはあったのでしょうが、現状を変えるべく行動を起こす者が圧倒的に少ない。大半の人は喉下をすぎれば忘れてしまうのです。
「当たり前のこと」については疑わない、自分で考えないというのが日本人の特質です。官僚が悪く、利己的なのも当たり前、それは変えられないと思い込んでいます。その思い込みこそが、悪しき官僚社会を守ってきた元凶ではないでしょうか。
 私は、テレビの世界に入って一五年になります。今までに、何人もの官僚たちとカメラを前にしてやりあって来ました。テーマは違えども、国民の一般感覚からすれば、どの問題も腹立たしいことばかり、官僚たちの巧妙な仕掛けを暴くための戦いでした。その過程で、いつからか、私は疑い深くなりました。多くの日本人と同じく、思考停止していたのではないかと思うようになったのです。
 ただ与えられた仕事をこなして、会社でいい評価を得ることが最良の人生なのだろうか。会社はいつまでも安泰なのか。もし会社がなくなったとき、私は独りで生きていけるだろうか。これからも、この国で「普通に」生きていていいのだろうか……。
 私は何かを始めなければいけないと考えました。そして、『税金返せ!』を書くことを決意しました。この本によって何かが変わるのか、今の私にはわかりません。しかし、どんなに小さな石でも、池に落とせば波紋が広がるように、私の人生にも変化が起きる気がしています。本書を読んでいただいた皆様にも、変化が起きるかもしれません。たとえ波は小さくても、集まってシンクロすればやがて大きな波になるかもしれない、そんな変化が起きたとしたら……。そう願わずにはいられません。
 本書には、嘘をつき、誤魔化し、やがて論理破綻に至る官僚たちの姿が収められています。それらはみな、彼らと膝突合せ、口角泡を飛ばし、ぎりぎりまで追い込んだ上で現れた彼らの真実です。テレビでは伝え切れなかった全てを、本書で明らかにできればと思います。読み進みながら、立腹し、哀しみ、やがて思わずニヤッとしていただけたら幸いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示