サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 編集部・三沢さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

編集部・三沢さんのレビュー一覧

投稿者:編集部・三沢

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本おじいちゃんと森へ

2004/06/25 03:15

編集者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 原作はアメリカ・ミネソタ州在住の作家、ダグラス・ウッドさん、絵はアイルランド・ダブリン在住のイラストレーター、P.J.リンチさんによる水彩画で、原題は“Grandad's Prayers of the Earth”、1999年に刊行され、2000年にクリストファー賞を受賞した絵本です。
 翻訳はネイチャーライターの加藤則芳さん、訳者の友人で作家のC.W.ニコルさんがエッセイを添えています。
 原題を訳すと〈おじいさんの地球のお祈り〉とでもなるのでしょうか。カバー画に描かれているように、本書はおじいさんと孫との交流を描いた絵本です。二人の会話と、主人公である少年の回想を柱に進んでいきます。
 イラストは繊細なタッチの水彩画で、四季や自然、光や空気感をやわらかに表現しながら展開し、ページをめくっていくと、二人と一緒に森を歩いてでもいるような感じを抱きます。
 本のサイズはB4判の変型で、見開きで左右50センチ、天地30センチほどの大型絵本です。
 孫と一緒になって、自然のいとなみ、人間とのかかわり、家族のことなどを考えていこうとするおじいさんの姿。おじいさんとの会話を理解しようとし、一緒に森を歩くことが楽しくてならない子ども。やがて、おじいさんに死が訪れ、少年はその現実に対応できなくなります。時は過ぎ、ある日、森に出かけた少年は、おじいさんが話していた〈地球のお祈りのことば〉が聞こえてきます。子どもから青年へと向かう少年の成長も描かれています。
 おじいさんと孫、自然と観察、森と生きもの、祈りと魂、家族、生き方、自然観と世界観……、さまざまなテーマ、示唆に富んだ絵本ではないかと思います。
 本文は、小学3年生以上の学年別配当漢字によみがなをつけました。
 お子さんと一緒に夏休みに読む本、また大人が心を休める本としても読んでいただけるのではないかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示