サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. えい出版社さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

えい出版社さんのレビュー一覧

投稿者:えい出版社

1 件中 1 件~ 1 件を表示

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今日から東京の感じ方が変わる……。

東京グリーンパークスタジアム、旧国立予防衛生研究所、八幡山明大グラウンド、拘置所の町・菅生、ラピュタ阿佐ヶ谷、横田基地、ロマンポルノ、大塚のモスク、五日市憲法、品川の屠場、地下銀行など……34のストーリー


 東京コンフィデンシャルとは「知られざる東京情報」といった意味だが、本書で語られる東京はまさに表題どおり、通常の東京の本では語られない面ばかり。50年前に武蔵野に存在した東京グリーンパークスタジアム、731部隊と深いつながりのあった旧予研、品川の屠場、大塚のモスクなど、これまでの東京本やガイドブックには紹介されなかった東京がずらりとならぶ。

 また、マンションの間取りの変化に現代の家族像のゆらぎを見つめ、グループホームという老人介護の新しい形に高齢化社会のあり方を考えるなど、東京の中に胎動する新しい社会のムーブメントにも注目している。著者は新しい情報や文化の発信地である東京を追いかけることで、日本の行く末を垣間見ている。

 全34本の「知られざる東京」は、いずれも著者自身が現場に足を運び、驚き、感嘆し、共感したことばかり。あの川本三郎氏をもって「よくこれだけ知られざる東京を歩いたものだと感嘆する」と言わしめた一冊である。

【主要目次】

プロローグ

第1章 埋もれた記憶の町
第2章 極私的名所案内
第3章 東京人生劇場
第4章 新しい東京
第5章 東京の中の“世界”

「知られざる東京」の活力──川本三郎

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示