サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 村上龍さんのレビュー一覧

村上龍さんのレビュー一覧

投稿者:村上龍

アイルトン・セナ「危険で魅力的な謎」(推薦文)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 レーサーの宿命的なリスクが現実化したと言えばそれまでだが、アイルトン・セナは突然に死んでしまった。F1やその他のモータースポーツでは、安全性リスクを軽減する努力が続けられているが、それでもモータースポーツには、「常人には制御不能な強力なマシンを操る」という危険な魅力が今でも息づいている。デビューしたときから、セナはその危険な魅力を全身にまとっていた。そのドライビングは天才的で、リスクに立ち向かうことを彼自身楽しんでいるような印象さえあった。だからサーキットを離れても、セナの佇まいにはどこか危ういムードがあった。ギリギリのテンションで張られている弦から、はかなくて美しい音が奏でられるようだった。わたしたちはセナのドライビングに接するたびに、いつも「美しい緊張」を味わったのだ。

 だがもちろん、セナが実際にレース中に死んでしまうなどと誰も思っていなかった。そういった心の準備は誰にもなかった。だからわたしたちはその事実をなかなか受け入れられずに、何によっても埋めることのできない悲しみを心の奥に深く抱え込むことになった。ゆっくりと進行する死は、残されるものたちに少しずつ悲しみを刷り込む。そうやってわたしたちは、心のどこかに、いずれいなくなる人のための空白を準備する。いなくなる人が自分にとってどういう人だったかを、悲しみとともに確認し続けることによって、まさに絵を描くように心に刻むのである。

 アイルトン・セナの才能と、独特の危うげなムードに魅入られていた者にとって、その突然の死は耐えがたいものだった。わたしたちは、アイルトン・セナという稀有のドライバーが、わたしたち自身の心の中でどういう位置を占めているか未確認のまま、彼の死に立ち会うことになったのである。だから、あの悲しみの事故から何年経とうが、セナはわたしたちの心の中で「危険で魅力的な謎」として存在し続け、消えることがない。

 F1マシンのエンジン音を遠くから聞くとき、わたしはそれを残忍で美しい未知の猛獣の鳴き声のようだと思うことがあった。それは常に緊張をはらんで猛々しく、美しく、しかもどこか孤独な悲しみをたたえていた。あの爆音は、まさにセナを象徴する音だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する