サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 岡本智周さんのレビュー一覧

岡本智周さんのレビュー一覧

投稿者:岡本智周

1 件中 1 件~ 1 件を表示

著者コメント

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 歴史教科書といえば、たとえば「自国の加害性」もしくは「自国の誇り」を扱っているか否かがすぐに問題にされます。しかしそれらの情報はどちらも「国民」のあるべき姿を表現しようとしている点で、教育社会学的には等価です。本書では、20世紀後半の日米の歴史教科書が提示してきた「国民」の姿を通時的に検討し、教科書が伝達した国民統合の論理を時代ごとに把握する作業を行いました。

 その際、その論理が変化してきたことの意味を、国境を越えた人間活動の増大という社会変動との関連で考察しています。グローバル化によって「国民国家を超える思想」が齎されているとする一般論は盛んに唱えられていますが、本書では歴史教育の分野でのその種の思想の顕れ方と現状を、ご理解いただけると思います。最近50年間の日本とアメリカの国民史教育に、脱〈原初主義〉という一つの共通した変化の傾向を見出せるというのが、本書におけるカリキュラム分析からの知見です。

(日本評論社ホームページ「対話の窓」2002年3月号より)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示