サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 渡辺さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

渡辺さんのレビュー一覧

投稿者:渡辺

1 件中 1 件~ 1 件を表示

出版社コメント・著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ダブル受賞!
第35回大宅壮一ノンフィクション賞
第25回講談社ノンフィクション賞

デビュー作で2大ノンフィクション賞を制覇!

 第35回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した渡辺一史氏(1968年名古屋生まれ)はこれが単行本デビュー作。北海道大学在学中からライター活動を始め、一度も組織に属さず、北海道でキャリアを積んできた「たたき上げ」のフリーライターである。

 2003年3月に出版した本書で同年9月、講談社ノンフィクション賞を受賞。今回の大宅賞受賞でふたたびノンフィクション賞の最高峰に輝いた。これまでに両賞のダブル受賞は高山文彦氏の「火花」など3度あるが、新人のデビュー作としては初めて。また地方出版社の本が両賞を受けるのも初という快挙を果たした。

「先入観」裏切るスリリングな成長物語

 本書は、札幌市内で在宅自立生活を送る筋ジス患者・鹿野靖明さんと、24時間体制で支える介助ボランティアとの交流や葛藤を描いたノンフィクション。渡辺氏がみずからもボランティアの一員となり、「わがままな」障害者である鹿野さんとそこに通う主婦や学生ボランティアたちの人生を丹念に聞き取った。鹿野さんは、原稿完成直前の2002年8月、42歳で亡くなった。

 完成まで3年の歳月をかけてまとめ上げた本書では、ありがちな美談ではなく、障害者と健常者の枠を超えた新しい人間関係がリアルに描かれている。大宅賞選考委員の作家・関川夏央氏は受賞作発表の記者会見で「介護の話というと、普通は『またあれか』と思われるかもしれないが、その、またあれか、という最初の数十ページの感想が、だんだん裏切られていく。書き手がボランティアの場に放り込まれて、成長しないと生きていけない、というふうになっていって、ある種のビルドゥングスロマン(成長物語)としても非常に面白いのではないか。現在の福祉行政におけるノーマライゼーションに対する意義深い意見をもはらんで、スリリングな読書体験を生んでいる」と講評を述べた。

▼上野千鶴子氏が選ぶベスト3(「ことし読む本いち押しガイド2004」)
▼2003年ブック・オブ・ザ・イヤー総合第3位(ダカーポ編集部)
▼「本の雑誌」2003年度「私のベスト3」(東えりか氏)
▼「東大教師が新入生にすすめる本」(東大出版会「UP」2004年4月号)で長瀬修氏が推薦


■著者コメント
‾‾‾‾‾‾‾
ありがちな美談ではなく

 私は、この本の取材に取り組むまで、「福祉」にも「ボランティア」にもまったく無関心な人間でした。
 そんな私がなぜ筋ジス患者の生きざまと、それを支えるボランティアたちの世界に巻き込まれていったのか。それはこの世界が、決して美談や感動ドラマでは語りきれない、非常にドロドロとした人間くさい世界だったからです。生や死や人間関係の凝縮する“シカノ邸”に向き合うことで、私の人生は大きく変わりました。
 これから福祉や医療を志そうとする学生たち、あるいは「福祉」や「障害者」は無縁だと思っている、かつての自分自身に似た人々にこそ読んでいただければ、と思っています。

                               渡辺 一史

■→著者・渡辺一史氏インタビュー(講談社ノンフィクション賞受賞時)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示