サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 哲さんのレビュー一覧

哲さんのレビュー一覧

投稿者:哲

2 件中 1 件~ 2 件を表示

社会学の言語

2003/11/13 15:15

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 19世紀からの社会学の歴史的生成に視点をすえ、現代にいたる、さまざまなアプローチを、社会学の六つの「言語」としてとらえ、解説する。
 社会学的実証主義、弁証法、理解のアプローチ、機能主義、構造主義、プラクセオロジーといった、社会学の理論について、簡潔な説明がされている。
 本書によって、ブルデュー、ハバーマスなど、アクチャルな理論家たちについても、社会学の全体像のなかで位置づけてみることが可能となるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 クライアントに開かれる医療は、どのようにして実現できるのか。看護師たちは、インフォームド・コンセントの問題をはじめとしてクライアントと「話す」ことを重視し、医師たちとの交渉される秩序をめざす。それは、また、男性支配の伝統的な医療組織におけるジェンダーの次元を問うことと重ねあわされてゆく。
 本書は、ポスト構造主義の方法論とシンボリック相互作用論の視座とから、フランスと日本の看護師たちとの入念なインタヴュー調査とその分析によって、看護のプロフェッションの社会的世界をジェンダーの次元の脱構築を中心に考察する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示