サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 小宮山民人さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

小宮山民人さんのレビュー一覧

投稿者:小宮山民人

1 件中 1 件~ 1 件を表示

編集者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「バーティミアス 〜サマルカンドの秘宝〜」をお薦めします。

ミラマックス社が破格の金額で、映画化権を獲得。
そして発売前にもかかわらず、世界20カ国以上で出版が決定。
イギリス&アメリカ出版界では、なにやら「2003年、最大のセンセーショナルな事件」とささやかれてきた、これがうわさのファンタジー・アドベンチャー。「バーティミアス 〜サマルカンドの秘宝〜」がついに日本にやってきました。
ここ数年、乱立ぎみのファンタジー市場。これまた話題ばかりが先行しているのでは……と思いきや、いやいやこの本、きわめて独創的、かつ並外れた面白さなのです。600ページの大長編にもかかわらず、読みはじめるとすぐに、ストーリーの奥深くにすいこまれ、そのまま物語の世界から抜けだせなくなってしまうはず。きっと一気に読み終わってしまうことでしょう。

さて、この「バーティミアス」とは、古代から魔術師に仕えてきた妖霊(ジン)の名前。妖霊といってピンと来なければ、あの「アラジンと魔法のランプ」に登場する大魔神を思い浮かべるといいかもしれません。でも、バーティミアスは<大魔神>と呼べるほどすごいやつじゃない。ニヒルを気どっているが、ちょっぴりまぬけ。さながら<中魔神>といったところです。

舞台は、魔法使いたちが支配する街、ロンドン。
主人公は、魔法修行中の少年ナサニエル。泣き虫だけど、負けず嫌いな12才です。
少年が師匠にかくれてこっそりと、ベテランの妖霊バーティミアスを呼び出すところから物語ははじまります。その目的は、邪悪なエリート魔法使いサイモンに復讐をするため、<サマルカンドのお守り>を、盗み出すということなのですが…。はたして、ヒヨッコ魔法使いのナサニエルと、ちょっとまぬけなバーティミアスのコンビは、その目的を果たすことができるでしょうか?

子どもはもちろんですが、「最近のファンタジーはテンポが早くてついていけない」などと眉を潜める大人のみなさんも、この作品なら夢中になれるはず。子どもから大人まで誰もが楽しめるファンタジー。そう、まさに「ハリーポッターにとって最大のライバル出現!!」といえる本なのです。

編集担当=小宮山民人

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示