サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 大迫 純一さんのレビュー一覧

大迫 純一さんのレビュー一覧

投稿者:大迫 純一

1 件中 1 件~ 1 件を表示

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 気がつけば、もう三年も『ゾアハンター』を書いている。
 今回の『贖罪のカルネアデス/ゾアハンター』で、シリーズ五作目だ。
 しかも物語は、まだまだ終焉の気配を見せないのである。
 うひゃあ。

『ゾアハンター』は、私が初めて、出版社からの依頼も受けず、どこに売り込むあてもなく、それどころか誰に読ませるつもりもなく、ただ自分のためだけに書いた物語である。胸の奥底に溜まった、怒りにも似た感情を吐き出すために書いた物語である。
 きっかけは、アクション俳優・渡洋史氏(『宇宙刑事シャリバン』など)との出会いだった。彼と「あるべきヒーローの姿」について語り合った時、ふいに、それまで胸の奥に詰まり、溜まりに溜まった何かが動いたのだ。
 続く熱狂の二週間、私はひたすらキーボードをぶっ叩き続けた。
 二十世紀、最後の年のことだ。
 そして書き上げた物語を、角川春樹事務所の『小松左京賞』に、叩きつけるように応募したのである。
 受賞は、逃した。
 当然である。
「仕事」でも「趣味」でもなく、しかしその中間にあるわけでもない、どこか別のところから沸き出してきた物語だ。「情念の発露」などという言葉で呼ぶことさえ気恥ずかしいほどの、それはある意味、叫びの権化であったからだ。
 だが、電話があった。
「うちで出版しましょう」

 すでに書評などで指摘されているとおり、ゾアハンター・シリーズは、少なからず特撮ヒーローものの影響下にある物語だ。その点については、潔く認めよう。
 しかし「それは素晴らしい」という拍手も、「子供騙しではないか」と断じるられるのも、しばしお待ちいただきたいのである。
 一つ、伺いたい。
 あなたは、特撮ヒーロー番組を「卒業」しておられるだろうか。
 単に「観なくなった」のではなく、きちんと「卒業」しておられるだろうか。
 例えば『人造人間キカイダー』の主人公が見せる寂しげな笑みの意味を、ちゃんと理解なさっただろうか。例えば『仮面ライダー』の挿入歌で「みんな助けた、友も元気だ」と謳いあげられるその真意を、ちゃんと汲み取れただろうか。そして、例えば『宇宙刑事シャリバン』で友を惨殺された若き宇宙刑事が、怒りの雄叫びとともに変身しながらも、対峙した敵に「宇宙刑事! シャリバン!!」と名乗りをあげるその胸の内を、ちゃんと判っておられただろうか。
「卒業」とは、学びを終えることを言う。
 あなたは、彼らの勇姿と爽快な戦闘シーンの陰に隠された痛みを、ちゃんと感じ、そこから学び、その上で「観なくなった」のだろうか。
 自信をもって頷くことの出来る方は、おそらくほとんどおられないだろう。
 無論、私もそうだ。
 彼らは私達に、何を伝えようとしていたのか。
 彼らは私達に、何を教えようとしていたのか。
 私がゾアハンター・シリーズを書き続けるのは、その答えを探すためでもある。そしてこの一点において、まさにゾアハンター・シリーズは、特撮ヒーローものの影響下にあるのだと私は理解している。

 あなたが、まだ答えをお持ちでないなら、ぜひお読みいただきたい。
 一方で、あなたがすでに答えをお持ちなら、なおさらお読みいただきたい。
 少なくとも、ヒントの一端は、ここにあるはずだ。

 戦いとは、拳を叩きつけることではない。
 強さとは、負けないことではない。
 勝利とは、敵を倒すことでない。
 これは、そういう物語である。

 繰り返して申し上げよう。
 黒川丈は、ヒーローである。
 そして、彼はまだ答えを持たないのだ。

 最後に、一つだけお約束する。
 失望はさせない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示