サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 小学館さんのレビュー一覧

小学館さんのレビュー一覧

投稿者:小学館

4 件中 1 件~ 4 件を表示

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

もっと近づこう!もっと親しくなろう!世界192の国を訪ねるワールド探検図鑑、新登場。
【監修】正井康夫(立正大学教授) 辻原康夫(地誌研究家)

<特色1>小・中学校(地理・世界史)や国際理解のための授業、総合的な学習、家庭での学習に役立ち、子どもたちの国際的な視野を育てます。

<特色2>192の国の正式名称、国旗、首都や面積、人口、主要言語などの基礎データをはじめ、日本との距離、時差、主要輸出品などをアイコンを使ってわかりやすく解説します。

<特色3>学校生活や子どもたちの遊びなど、身近な記事を始め、行事や風俗習慣、人々の暮らしなどもカラー写真やイラストを使ってくわしく紹介します。

<特色4>各国の現在の姿に重点をおきながら、歴史上の不可欠なエピソードにもふれて、わかりやすく紹介しました。 

<特色5>世界の各地域の地図を32ページで展開する本格的世界地図帳を別冊にしました。自然地形の名称、重要な地名や遺跡名は、本文と完全に連動して、より深い理解へと導きます。


 世界を知れば日本がもっと見えてくる。 世界にはさまざまな民族、人種があり、それぞれの国や地域で多くの人々が暮らしてます。国や地域によって風俗習慣はもちろんのこと、衣食住から自然環境、産業や言語にしても大きく異なっています。そこには気候風土に影響されて自然発生した習慣や暮らしの知恵があったり、伝統に培われた行事や風習が残ったりもします。子どもたちがこれらの国のことを知り、世界というフィールドで物を考え、国際意識を身につけていくことが子どもたちの未来においても必要不可欠であることはいうまでもありません。12月には小学館より刊行される「世界の国ぐに探検大図鑑」は世界192の独立国を大陸別の章でまとめ、国ごとにその特色、人々の暮らしや政治、社会のしくみを紹介するビジュアル図鑑です。オリンピックなどの国際大会に出場してる国にも、私たちがまだまだ理解していない小国があります。これらの小さな国にも興味を抱き、調べてみることで世界への視野が広がり、国際理解へと一歩ずつ進んでいけるのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

自分のくらしは、自分で守る。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

悪徳商法、システム金融、リストラ、離婚訴訟、ストーカー被害…。現代社会の、さまざまなトラブル。法律の知識がないばかりに泣き寝入り! なんてことのないように──。
【特徴】
1.知りたい法律にすぐにたどりつける立体目次
2.巻末付録:いざという時に相談できる法律相談所一覧
3.大幅改定された新税制に対応:最新の相続・贈与がこの1冊でわかる
4.30分5千円の弁護士相談料が1万円節約できる
5.大活字と豊富な図版で中高年、法律を知らない人でも簡単に読める

【収録内容】
第1章 家族の問題:夫婦・親子/財産管理/相続
第2章 土地・家屋の問題:土地、家屋の登記、売買、賃貸借、近隣問題
第3章 金銭賃貸の問題:借金、保証人、担保、自己破産、手形・小切手などの問題
第4章 消費生活の問題:買い物のトラブル、クーリング・オフ、クレジットカード、通販、悪徳商法など
第5章 社会保障・保険の問題:私的保険、年金、健康保険、介護保険などの問題
第6章 職場・労働の問題:会社員の権利、育児・介護休暇、派遣社員、パートなどの問題
第7章 会社・団体の問題:個人事業主の会社経営の問題、中間法人、NPOの作り方などの問題
第8章 事故・トラブルの問題:交通事故の解決の仕方、医療事故、日常トラブルなどの問題
第9章 訴訟の問題:刑事事件、民事事件、少年事件、家事事件、行政事件のそれぞれの解決法
第10章 税金の問題:所得税の控除、申告、個人事業主の経費などの問題

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本間宮兄弟

2004/08/20 19:39

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

兄・明信、35歳、酒造メーカー勤務。弟・徹信、32歳、学校職員。二人暮らし。読書家、母親思い、マイペースで人生を楽しむ兄弟だが、おたくっぽいと女にはもてない。一念発起で恋人をつくろうと、徹信の同僚、葛原依子と、ビデオ屋の店員、本間直美を誘って家でカレーパーティ、花火パーティを開催する。依子は不倫相手と別れるが兄弟には興味なし。明信は直美をデートに誘うが断られる。しかし、直美の妹・夕美は徹信に興味を持つ。明信は同僚の大垣賢太に、妻・沙織との離婚話の仲介を頼まれるが、沙織は応じない。徹信は沙織に心惹かれるが冷たくふられる。しかし、兄弟の感性は次第に女性たちを動かすことになる・・・。女性にとって、本当に素敵な男性はどんな男性なのか。恋愛カリスマ作家として、女性たちの圧倒的支持を得ている江國氏の、美しい日本語によるリズムよい文体が遺憾なく発揮された作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あしたはたのしいクリスマス

2003/11/11 22:10

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あしたは たのしい クリスマス
あのこも このこも ねずみのこまで
しずかに いいこで まってます

「クリスマスのまえのばん」というよび方でよく知られているこの詩は、ある年のクリスマスイブに、クレメント・ムーアというアメリカの神学校の先生が、ささやかなプレゼントとして自分の子どもたちのために書いたものでした。

 1823年にこの詩が新聞に発表されたとたんに子どもたちをすっかりとりこにしてしまいました。真っ赤なコートを着て、まるまる太った白いひげのサンタクロースが、クリスマスイブの夜にプレゼントを持ってきてくれる…というイメージが世界中に広まったのは、この詩から始まっているのです。

 150年以上も親しまれてきたこのお話を、新進気鋭の写真家モニカ・スティーブンソンがテディベアのぬいぐるみをつかって楽しい写真絵本にしました。クリスマスのプレゼントに最適の一冊です。



(小学館)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示