サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. BL出版さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

BL出版さんのレビュー一覧

投稿者:BL出版

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本セレスティーヌのクリスマス

2003/11/11 21:45

出版社コメント

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

おしゃまなねずみのセレスティーヌと、やさしいくまのアーネスト。
ふたりの心あたたまる物語を繊細な線と淡い色づかいで描いたこのシリーズは、子どもから大人までたくさんの人々に愛されています。

作者のガブリエル・バンサンは、このシリーズを通して、悲しいことでも、気持ちの持ちようや、ちょっとした工夫で、楽しいことに変えてしまえる幸せや、なにもないところから想像で新しいものを創り出せる喜びを伝えたかったといいます。「セレスティーヌのクリスマス」は、特にこのメッセージを強く感じとれる作品です。

友だちをよんでクリスマスパーティーをしたいセレスティーヌ。でも、アーネストは、お金がないからダメだといいます。そこでふたりは、ごちそうもプレゼントも、全部手づくりすることに……。

ふたりがつくったツリーのすてきなこと! (セレスティーヌたちが一生懸命かいた絵がつるされていて、あとでみんなにプレゼントされる) アーネストが手縫いした衣装のかわいいこと! いとこのマックスがケチをつけるのですが、そのマックスさえとりこにしてしまうほど楽しいパーティーになるのです。

今年は、大切な人とこんな素朴であたたかいクリスマスを過ごしてみてはいかがでしょうか?



(BL出版)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本マドレーヌのクリスマス

2002/11/13 11:44

出版社コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 パリの、つたのからまる古いお屋敷にすんでいる、12人の女の子。いちばんのおちびさんが、ご存知マドレーヌです。
 元気いっぱい、勇気いっぱいの彼女が活躍する「マドレーヌ」シリーズは、半世紀以上にわたってたくさんの人びとに愛されてきました。
 なかでもひときわ美しい表紙で目をひくのが、本書です。10年ほど前に出版され、その後絶版になっていましたが、2000年に翻訳も新たに復刊しました。
 クリスマスの前の晩、屋敷中の人々が風邪でねこんでしまいます。たったひとり、マドレーヌをのぞいては。みんなの看病に、マドレーヌが忙しく立ち働いていると、玄関をたたく音がして……。不思議で楽しいクリスマス・イヴの出来事を、ベーメルマンスがテンポよく描いています。
 小さいころ、マドレーヌに憧れていたという、人気作家の江國香織さんが、このすてきな物語を、美しい日本語訳でよみがえらせました。
 これからの時期、暖かい部屋の中でこの絵本を読みながら、クリスマス・ムードにひたってみてはいかがでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示