サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ピエ・ブックスさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

ピエ・ブックスさんのレビュー一覧

投稿者:ピエ・ブックス

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本Day light

2003/04/12 03:15

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

見たことのない風景、見たことのない日本。
奄美から東北へ・・・
今、最も注目される若手写真家MOTOKOが、日本の原風景に迫る。グルーヴィジョンズのデザインによる新感覚の写真集。
本のサイズB4判。ソフトカバー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本サウダージ

2003/04/12 03:15

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「汽車に乗ってブラジルをめぐる。車窓越しに、一瞬の出会いをレンズにおさめる。その行為自体がとても詩的なものだし、ある意味とてもコンセプチュアルなことだ。終着駅が人生の終焉だとすれば、この一瞬の出会いは、人生の中の人との出会いそのものだとも思っていい。(推薦文:坂本龍一氏)」
サウダージとは、郷愁・しばらく会えない人と別れる時の心・大切な人や物に抱く切ない思い。という意味。
夏の日本から冬のブラジルへ。情熱の国の、もうひとつの顔。
うだるような暑さの日本を飛び出して降り立った冬のブラジル。そこには、きらびやかなリオのカーニバルも軽快なボサノバのリズムもない。あるのは、どんよりとした冬の景色と、そこで暮らす人々のあるがままの姿。ひとりの日本人女性が列車やバスで旅をしながら、その車窓から写し取った一瞬の出会いと別れ。生きる喜びと悲しみに満ちた世界は、まさに、『サウダージ』という名の1本のドキュメンタリーフィルムのよう。テレビや雑誌では取り上げられないブラジルのもうひとつの顔を、私たちはこの写真集で知ることになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示