サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 長田美穂さんのレビュー一覧

長田美穂さんのレビュー一覧

投稿者:長田美穂

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本売れる理由

2004/04/17 03:15

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

序章「2000年代のヒットとは」では、ヒット商品が成立する条件が、企業と消費者の「情感」の交換にあるとみて、缶コーヒー・ワンダモーニングショットやJリーグチーム「アルビレックス新潟」ダイハツのオープンカー「コペン」などを例に挙げた見取り図を示しました。

 さらに商品の作り手の態度に「創意型」(自分の欲求に沿って発想する)と「工夫型」(無私の境地から市場の鼓動を感じ取る)の2パターンを見いだしました。

 私たち消費者は、モノを買うという行為に、自らの変身願望を託します。自分を、生活を変えたいなという内なる願望がうまくすくい上げられた時、爆発的な「ヒット商品」が誕生している。これが5年間の取材の実感です。

 解説は「創意型」の奇才、秋元康さんにお願いしました。「おニャン子クラブ」やとんねるず、セガのCM「湯川専務シリーズ」など消費社会史に残る企画を秋元さんがいかに発想したか、「手の内」も披露頂いています。題して「ヒットとは人間ドラマである」
 「ヒット力」(日経BP社)より「聞茶」「動物占い」「ユニクロ」「キャラっぱ!」の四章を除いた十章を再掲載し、「着うた」「ヘルシア緑茶」と序章、終章を新たに執筆しています。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示