サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ひろさんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

ひろさんさんのレビュー一覧

投稿者:ひろさん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 著者は、かってボーボワールが「第二の性」と言った女性の、現代日本における「受難」と「癒し」について、長年の実践経験に基づいて記している。
 文章は「ひら場」で語りかけるような優しさに満ち、具体的な事例提示が読者の胸を打つ。事例とは、社会的に自立した女性の母親や父親との葛藤と鬱、摂食障害(過食・おう吐)、男性に尽くしすぎ自分を見失うひと、AC(アダルト・チルドレン)、DV被害者、セクハラ被害者など。
 文章はやさしいが、個々の事例を通じて豊富な文献紹介と、偏ることのない心理療法、グループワーク及びケースワークの具体的やり方を述べている。
 さらに、女性のこころの苦しみとさまざまな症状は、近代史の社会家族制度下の女性の受難・受苦に根ざしていることを立証している。癒しは、このような認識を有する女性専門家だけによるのでなく、受苦を経て前進しようとする自助グループにおける協働作業においてなされることが、強調される。
 ひそかに悩んでいる女性は、自分さがしに役立ち、保健・福祉に携わるひとびとは、21世紀の男女あり方についてしみじみと啓発されるであろう。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示