サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 國岡克知子さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

國岡克知子さんのレビュー一覧

投稿者:國岡克知子

1 件中 1 件~ 1 件を表示

シャイな天才編集者・坂本一亀

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「本稿の成立は、丁度十年前に、坂本一亀の子息坂本龍一から、父が生きているうちに父のことを書いて本にしてほしい、との依頼があったことが発端である」と“おわりに”に書いているが、著者からこの本の原稿についてはいろいろと聞かされていた。なんだか面白そうな内容だなあ、早く読みたいと思っていたが、ようやく作品社から出版された。原稿がすっかり出来上がっていたにもかかわらず八年間も埋もれていたのは、坂本一亀氏の「出版ハ、自分ガ死ンデカラニシテクダサイ。オ願イシマス」というたっての願いで先送りされてきたのだ。
坂本一亀氏は終戦後、昭和二十二年に河出書房に入社し、一貫して純文学のジャンルで新人作家を育て続けた。同人雑誌を丁寧に読み、全国を歩きまわり、有望な新人作家の卵をみつけ、ファナティックともいえるような情熱で彼らを励ましつづけた。「一本気で初志をつらぬく直情型の坂本一亀は、打算や功利性とは無縁の人物である。昔ふうの精神重視主義で、安易な成功よりも苦難の過程を重んじる生真面目な編集者であった」とあるが、口癖は「ハジメカラ売ルコトヲ考エルナ! イイモノハ必ズ売レルトイウ確信ヲモトウ!」と「編集者はサラリーマンであってはならない」であったという。これは、「文学とは善意から生まれはしない、デモーニッシュなあるものである。あくまでも芸術家のものである。編集者はそこに参入しなければならない。サラリーマンであってはならない」ということであろう。育てた作家は綺羅星のごとく輝いている。野間宏『真空地帯』、三島由紀夫『仮面の告白』、高橋和巳『悲の器』『憂鬱なる党派』、真継伸彦『鮫』、小田実『何でも見てやろう』などなど、数え切れない傑作を作家と格闘しながら生み出していった。また、これを許した河出書房の初代社長・河出孝雄氏の生き方にも胸を打たれた。大学生の頃、電車の中で読み耽った『憂鬱なる党派』や『鮫』。懐かしくて、「文藝」の「高橋和巳追悼特集号」まで引っ張り出してきて、高橋たか子の書いた名文「臨床日記」を再読した。
坂本一亀氏の特異な才能は坂本龍一氏へと受け継がれた。シャイで黒子に徹した古武士のような編集者。この本は、坂本一亀という人を通して、読者に「人間とはどう生きるべきなのか」というギリギリの根源的な問いを突き付ける。いいかげんな気持ちで編集など出来ないぞ、と衿を正される思いで読了した。編集者にはもちろんのこと、文学を愛する人にはぜひ読んでほしい。装丁も造本も品格がある。久しぶりに「読んでしまうのが惜しい」と思う本だった。さすがに坂本一亀氏にしごかれた編集者だけあって田邊園子さんの筆は冴えている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示