サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 編集部さんのレビュー一覧

編集部さんのレビュー一覧

投稿者:編集部

10 件中 1 件~ 10 件を表示

編集者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は実際にシミュレーションを行いながら,分子シミュレーション法およびミクロ・シミュレーション法を理解するように構成された実践型の教科書・参考書である.分子動力学法,モンテカルロ法,ブラウン動力学法,散逸粒子動力学法の四つの分子ミクロ・シミュレーション法に焦点を当てて,まず,本質的に重要なそれらの理論的背景を,できるだけ煩雑な数式の誘導なしに説明している.実際のシミュレーションを行うに際して必要な,分子・粒子の初期状態の設定法や境界条件などの技法面も説明している.次に,実際にシミュレーションを行って,分子ミクロ・シミュレーション法を理解するために,例題物理現象を設定して,それらをシミュレーションで検討するための一通りの解析手順を示している.一通りの解析を行った後に,シミュレーションを実行するに際して必要となる設定値を示し,それから結果の提示とその考察を行っている.最後に,用いたシミュレーション・プログラムを示し,その理解を容易にするために,解説の記述をプログラム上に付加している.各課題に1個,合計6個のサンプル・プログラムを示したが,その半分はFORTRAN言語で,残り半分はC言語で書かれており,読者の教育背景の相違に配慮した.付録には,FORTRAN言語とC言語の文法面を,科学技術計算用のプログラムを作成する観点から,重要な文法を中心に,理解しづらい点にも言及して説明している.プログラミング言語を履修していない学生も,別なプログラミング言語の本を時間を掛けて読む労力を避けるよう配慮した.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本コンパクトMRI

2004/11/15 03:15

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

NMRイメージング(MRI)は,医学診断装置として医療機関に広く普及していますが,あらゆる科学技術,産業分野においても,その利用が切望されてきました.ところが,装置が高価であること,広い設置スペースを必要とすること,移動が不可能であること,システムの柔軟性に欠けることなどの理由から,これらの分野における利用は,ごく限られたものとなっています.
 これに対し,臨床用MRIで培われた技術や,近年のエレクトロニクス技術やコンピュータ技術の成果を活用することにより,計測システムを小型化し,さまざまなタイプの永久磁石磁気回路と組み合わせることにより,さまざまな用途に使用できるMRIが構築できるようになってきました.これらのMRIは,従来の臨床用MRIに対して,コンパクトMRIと総称されており,今後,さまざまな分野における発展が期待されています.本書では,コンパクトMRIに共通する技術を詳説し,それに続いて,いくつかの典型的な応用な事例を紹介します.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本エンジニアリングプラスチック

2004/11/04 03:15

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

高性能プラスチックであるエンジニアリングプラスチック(以下,エンプラと略記)の歴史は1956年のポリアセタールの登場によって始まりました.その後,耐熱性の高い各種のエンプラが創出されると同時に,用途に合わせた材料の多様化,機能付与を目的にガラス繊維や炭素繊維などによる複合化,2種以上のポリマーを組み合わせることによって単一のポリマーでは得られない特性を有するポリマーアロイ技術や成形加工技術が進歩してきました.これらの技術によって,エンプラは自動車,電気・電子やその他の産業における多くの市場を創出してきましたが,近年の精密重合,高次構造制御技術によってこれらエンプラは更に高性能化することが期待されています.
 そこで代表的なエンプラの概要と最新技術についてできるだけ平易にまとめました.本書によって,エンプラに携わる方々のみならず,他分野の材料に携わる方々にもエンプラに対する理解と高分子材料に対する興味が深まれば幸いです.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本NMRイメージング

2004/11/04 03:15

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

NMRイメージング装置(MRI)は,医学診断の分野で広く使われているが,今後は,あらゆる科学技術,産業分野においても広まっていくものと期待されている.ところが,このような分野における応用を考える場合,MRIの技術的内容を解説した,まとまった教科書がないことが,大きな問題であった.この本では,NMRの基礎から解き起こし,さまざまな計測手法,装置内部の動作原理などを解説し,さらには,最新の研究例も紹介している.すなわち,一冊の本で,NMRの入門的知識から,最先端の技術的現状まで理解することができる.よって,MRIに関心をもつ,理工系の学生・研究者・技術者ばかりでなく,MRIの原理的・技術的な内容に関心をもつ,医学生・医師・医学系研究者・放射線技師などにも,自信をもって薦められる本である.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

亜熱帯から寒帯まで南北に長い日本ではあるが,どこも十分な降雨がある湿潤な環境であるため,日本でいる限り本格的な乾燥地がどのようなものであるのか,知る機会はほとんどない.そのため,地球規模での環境問題の一つとして砂漠化の防止が話題に上ると,サハラ砂漠やアラビアの大地で吹きすさぶ砂嵐がイメージされることが多い.そんなところに人が住んでいることを不思議とは感じても,具体的に援助を考えるとなると,取り付く島がないという思いが強くなるのではないだろうか.しかも,そのほとんどの地域が我々とは大きく価値観を異にするイスラムという異文化圏に属するために,人文地理的にも馴染みが薄く,日本では乾燥地のことについて多くの誤解がある.
 そこで,本書はまず地球の大気の大循環から説き起こし,乾燥地の水文環境から土壌までを解説した.次に,そうした乾燥地に生物が生育するための戦略やその困難さを理解してもらうために,乾燥地に生育する植物の耐乾性に関わる生理と生態について,できる限り多面的に解説を行った.その上で,砂漠化現象とはどのようなものであり,現在どれほどの土地が砂漠化に直面しているのかを示した.さらに,砂漠化を引き起こす背景とその原因を解説するとともに,国際的な取り組みの流れを概説した.最後に,半乾燥地を緑化することの意義とそのために考えておかなければならない問題点を,具体的な緑化技術の解説を通して述べ,緑化の方向について考えてみた.
 砂漠化を防止するためには,乾燥地の生態系の特徴とそこに生きる植物の生理特性を理解した上で,実際の緑化に取り組む必要があり,本書はそのためのテキストとなるように多分野の内容を一冊に収めた.また,できるだけ世界各地の乾燥地の事例を引きながら解説したが,特に我々の生活に影響する可能性の高い中国の乾燥地の現状や砂漠化防止の対策を多く示したので,乾燥地をこれまでより身近なものとして理解してもらえるであろう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

高分子ゲル

2004/11/02 03:15

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 高分子科学の中でも近年のゲルサイエンスの発展はとくに目覚ましいものがあるが,同時に次世代の先端技術を担うスマートな高機能材料としても注目され,多くの関心が集められている.分子設計・合成,物性・構造解析,環境や生医学分野への応用など様々な面から研究が行われている.さらに最近では,マイクロマシンやナノテクノロジーの分野においても高分子ゲルの有用性が示され,ゲルが次々と利用されてきている.また超分子も含めたナノオーダーでの分子設計により網目構造を制御し,ユニークな刺激応答機能を発現させるなど,超分子・分子組織体を基盤とした機能性ゲルの新展開も期待されている.
 本書は,高分子ゲルに対し,そのような最先端の研究を紹介しながらもゲルの全体像を分かりやすく,かつ簡潔にまとめた本である.同時に現象の理解に必要な,基盤となる理論的背景も記載し,十分教科書としても成り立つようにしている.ゲルについて短期間で概要を理解させ興味を持たせることが必要な人に対して適した書です.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本フォトニクスポリマー

2004/11/02 03:15

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

フォトニクスポリマーの光物性を解明するためには,光の偏波またはフォトンが,さまざまな高分子の鎖(オングストロームのオーダー)やその集合体(数百オングストローム),高次構造,さらに巨大な不均一構造とどのような関わりを有するかを突き詰めることが必要です.そのためには,高分子物質学と光学の学問領域の壁を取り払い,両者を結びつけた本質的な研究が不可欠です.最近の10年間,この分野の研究が飛躍的に進み,今まで無機ガラスの独壇場であった光通信などのフォトニクス分野において,ガラスの代用ではなく新しい光機能をもったフォトニクスポリマーが次々と登場し実用化されてきています.
本書では,躍進するフォトニクスポリマーを理解し関わっていこうとする読者のために,光の偏波(またはフォトン)と高分子物質との関わりを,原子のディメンションからマクロな不均一構造にわたって順に解説します.光と物質が関わって起こしている身近な現象が,巧みに最先端材料であるフォトニクスポリマーを作り上げていることに気づかれるでしょう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

編集者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

バイオインフォマティクスの入門者向の実用書は数多く出版されていますが,自宅にいても出張先でも,パソコンとネットワークが使えれば,付録CD-ROMにあるコンテンツを使って,この本にしたがって手を動かせば自習できます.タンパク質の立体構造モデルを作ったり,2つのタンパク質のドッキングモデルを試作することもできます.ポストゲノムシークエンスの時代を踏まえた内容をめざしました.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

編集者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書の最大の特色は、何と言っても一人の著者によって「生態学」全体が語られたことにある。そのため知識だけでなく生態学の「考え方」を知りたい人にお勧め。もう一つ。生態系管理や自然保護の合意形成まで考える人には、自信を持ってお勧めしたい(特に第6章)。さらに自然保護を信仰せず、疑ってみる人にも勧めたい。高校で学ぶ範囲を超える内容については、各章末に補足の欄を設けて解説しているが、その部分をとばして読んでも読み進められるように配慮している。また、より深く勉強したい読者のために、多彩な関連資料をそろえた著者サイトが用意されている(http://risk.kan.ynu.ac.jp/matsuda/2004/ecology.html)。関連エクセルファイル・索引・関連資料・立ち読みコーナー・Q&Aコーナーなど豊富にあり、インターネット時代の生態学入門書として、+アルファーの利用もできそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本小松左京マガジン 第6巻

2002/05/29 17:46

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表紙絵 小川かずえ

編集長インタビュー 石川喬司
 「SFとウマとのあやしい関係」
 
コラムランド
 小谷真理 「テクハラ裁判は終わったが」
 新井素子 「この二年間」
 高橋桐矢 「安倍晴明という人」
 小松多聞 「モリミノル漫画発見の経緯について」

小説 森下一仁 「天のまほろば」
    イラストレーション 張 仁誠
 日本も沈没し、すでに宇宙時代になった世界でおこったテロ事件。その背景には、地上のまほろばを忘れ得ぬ「日本人」集団がいた。

自作を語る 「果しなき流れの果に」

半村良さん追悼文
 「虚空の男・半村 良」 森優

「題なし」名作集 第一弾
1964年から1969年までラジオ大阪の人気番組「題名のない番組」に投稿された「名作」集。
幻の名作が再びよみがえります。

「宇宙漂流」連載掲載誌発見!
 1965年『中学一年コース』7月号での特集記事を紹介

「日本沈没」についての日本文学者の論文
 「パニック・サイト」 Susan J. Napier(テキサス大学教授)

サンディエゴ通信5
 「語彙」のお話   山元啓史

モリ・ミノルパーティレポート
 「幻の小松左京 モリ・ミノル漫画全集」出版パーティのレポート

小松左京研究会のページ
 山梨リニア試乗体験記  石島良治・青山智樹

年表 (1981年〜1982年)
インフォメーション
小松家の猫 〈ピピ〉('90年代)迷い込んだシャム。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示