サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 菅野 孝男さんのレビュー一覧

菅野 孝男さんのレビュー一覧

投稿者:菅野 孝男

1 件中 1 件~ 1 件を表示

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 筆者が、システム開発プロジェクト管理を研究しはじめてから、30年が経ようとしています。この間、実践的な観点から、『ソフトウェア開発のマネージメント』(新紀元社)などを執筆してきました。多くの読者を得て、それぞれに役立てていただいたと自負しています。

 また、筆者はプロジェクトマネージメントに関して、3000回を越える講習を行ってきています。研修では、上記書の他、筆者が作成したテキスト(非売品)として、『要求分析と問題発見技法』、『コミュニケーション技法』『心理学と組織要員管理』などを使用してきました。

 上記の著作は、さまざまな理論を背景として、実践的な観点からまとめものであり、この仕事に就いている方やプロフェッショナルを目指す方が、総合的に学習されることを目的としています。逆に言うと、これらの著作は、理論と実戦をまとめたものではありますが、日々の開発現場においては、実用的とはいえない面がありました。

 筆者と出会った多くの方から、システム開発プロジェクトのいろいろな局面ごとにおける「重要なポイント」が一覧できるものが欲しいという声が寄せられました。その声を聞くたびに、「チェックリスト」という形式でまとめれば、現場で立つだろうと考えてきました。このたび、長年の蓄積を本書にまとめました。

 本書は、プロジェクトマネージャが管理業務を進める際に、計画立案時点から評価時点までのあらゆる場面で、遭遇するであろう重要なチェック事項を網羅することを目指しています。開発の現場のいろいろな局面で、本書を参照していただければ、かならずや「失敗のないプロジェクト管理」に近づけると信じています。

 なお、本書で示したチェック事項のそれぞれにどんな意味があるのか、その背景にどんな理論があるのかについては解説はしていません。それらは、現場では学習している暇もないし、かえって煩わしいことになりかねないからです。

 しかし、仕事を広く展開していくについては、理論を学ぶことはたいへんに重要なことです。そのためには、上記にも示した本書の姉妹書である『ソフトウェア開発のマネージメント』(新紀元社より刊行中)をご覧いただきたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示