サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. キッズメイト編集室さんのレビュー一覧

キッズメイト編集室さんのレビュー一覧

投稿者:キッズメイト編集室

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ひつじのメイぼくのパパとママ

2002/09/20 15:39

編集者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「ひつじのメイぼくのパパとママ」は、幼い子どもたちをほのぼのファンタジーワールドへ誘う絵本です。昔話のようなシンプルなくり返しの文章のあとに、あたたかい親子の情が通い合うお話と、ヨーロッパの昔話の世界を感じさせるやさしく、おもしろい絵が印象的です。この絵本は子どもたちの心の栄養になる大切な2つのことが、語られています。
1つは「想像することの楽しさ」です。ひつじのメイは、もしも自分のママがゾウだったら、もしもパパがライオンだったら、生まれてくる自分の姿はどんな感じだろうか、とどんどん想像をふくらませて楽しみます。現在はテレビなどで映像が一方的に送りつけられ、子どもたちはそれを受けとっています。けれども、この絵本は、自分で想像すること、自分で奇想天外な世界をつくることの楽しさを子どもたちに伝えます。
2つは、ごく当たり前の日常生活の中で通い合う、「親と子の愛情」が描かれていることです。メイは両親に「どうして、パパとママはけっこんしたの?」と問いかけます。
両親は「それはね、……」と答え、メイが「そうだったのか……、よかったなぁ…」とうけとめます。作者・画家、編集者の思いがそこになりますが、何よりも子どもたちが大好きになるに違いない工夫が、たっぷりと盛り込まれた絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示