サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. くもん出版さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

くもん出版さんのレビュー一覧

投稿者:くもん出版

1 件中 1 件~ 1 件を表示

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いま、我々は、子供たちに、いかなる生き方を語るべきか。
いま、我々は、若者たちに、いかなる思いを伝えるべきか。
いま、我々は、未来の世代に、いかなる歩みを残すべきか。

すべての家庭の方々に、すべての学校の先生に、すべての職場のマネジャーに、そして、すべての子供たちに、すべての学生に、すべての若者たちに、心を込めて贈る、著者渾身のメッセージ。

「仕事」や「人生」についての確たる思想を持ち、真正面から読者に問いかける田坂広志氏。これまでは、ビジネスマンを中心とする大人に対して、「仕事」や「人生」についての深い思想を語り続けてきたが、本書は、その思想を、中高生をはじめとする若い世代にも語るべく、新たに書き下ろした一冊。まず、家庭の方々、学校の先生、職場のマネジャーが読むことによって、自らの生き方について深く考え、そのうえで、子供たち、学生、若者たちに手渡されることを目指して書かれた本である。
本書のテーマは、「成長」と「志」。これから困難な時代を歩む若い世代に対して、「困難な時代だからこそ、人間として大きく成長できる」とのエールを送り、「成功」よりも「成長」を求めて生きることの大切さ、そして、人間として成長するために「志」を抱いて生きることの大切さを語る。
そして、「志」を抱いて生きるために、若き日に身につけるべき「死生観」「世界観」「歴史観」を、誰にも分かる易しい言葉で、しかし、思想の深みを失うことなく伝えようとする本書には、「未来を拓く若者たちに、一度かぎりの人生を、最高の人生として生きてほしい」との著者の願いが込められている。

【著者略歴】  田坂広志(たさか ひろし)
1951年生まれ。1974年、東京大学工学部卒業。1981年、東京大学大学院修了。工学博士。米国シンクタンク・バテル記念研究所客員研究員を経て、1990年、日本総合研究所の設立に参画。取締役・創発戦略センター所長等を歴任。現在、日本総合研究所フェロー。2000年、シンクタンク・ソフィアバンクを設立し、代表に就任。同年、多摩大学大学院教授にも就任。現在、「社会起業家」をめざす次世代の人材の育成に力を注いでいる。2001年より、21世紀の新しい生き方と働き方を学ぶコミュニティ、「未来からの風フォーラム」を主宰。現在、8300名のメンバーに対して、毎週、メッセージ・メール「風の便り」を配信し、インターネット・ラジオ「風の対話」を放送している。
主な著書に、『深き思索 静かな気づき』、『なぜ、時間を生かせないのか』、『若きサムライたちへ』、『なぜ、働くのか』『仕事の思想』、『仕事の報酬とは何か』(以上、PHP研究所)、『これから働き方はどう変わるのか』(ダイヤモンド社)、『複雑系の知』(講談社)、『生命論パラダイムの時代』(ダイヤモンド社)、『ガイアの思想』(生産性出版)、『こころの生態系』(講談社)、『これから知識社会で何が起こるのか』(東洋経済新報社)、『この国を良くするために、今やるべきこと』(ダイヤモンド社)などがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示