サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 情報センター出版局さんのレビュー一覧

情報センター出版局さんのレビュー一覧

投稿者:情報センター出版局

1 件中 1 件~ 1 件を表示

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

文藝春秋2月号で話題騒然の「ネット書店アマゾン潜入記」が大幅加筆によって早くも書籍化。

約半年間に及ぶアマゾン配送センターへの潜入記。実際に作業員として働いた経験と、関係者への取材によって、徹底した秘密主義で知られる企業の実態に迫ったノンフィクション。
そこにはリアル書店を凌駕せんとするネット書店の強さの秘密と、現在日本中で進行している労働現場階層化の実態が凝縮されていた。

■著者紹介
横田増生(よこた・ますお)
1965年、福岡県生まれ。
関西学院大学を卒業後、予備校講師を経て、米アイオワ大学大学院に留学。ジャーナリズムを専攻する。93年に帰国後、物流業界紙で編集長を務める。
ネット全盛の現代において、現場主義を頑なに守る今どき希有なジャーナリスト。その姿勢が約半年に及んだ今回の潜入取材を可能にした。

■目次
プロローグ 密かに急成長するアマゾンジャパン
第1章 アマゾン・ドット・コム上陸前夜
第2章 アマゾン心臓部・物流センターの実態
第3章 空虚な職場に集う人々
第4章 アマゾンの秘密主義を恐れる出版業界
第5章 日本で躍進した本当の理由
第6章 その強さの裏側にある底辺
第7章 アマゾンの目指す「完成形」 
エピローグ アマゾン化する社会の行方

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示