サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 今村 守之さんのレビュー一覧

今村 守之さんのレビュー一覧

投稿者:今村 守之

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ディランを聴け!!

2000/07/10 00:23

ディランを聞け!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。



 「ボブ・ディランはポップシンガーだ」と言ったら、あなたは憤慨するかもしれない。しかし実はフォークやロックという個別のジャンルに押し込め、「プロテスト」などという窮屈でステレオタイプな冠を被せることこそが、ディランの矮小化である。いったい、いつまで「風に吹かれて」いれば、彼は彼自身のイメージの呪縛から逃れられるのだろう。

 ディランに会ったことはない。随分前、PAの狂ったコンサートに一度行っただけだ。それでもその時点で、彼はとうにジャンルを超えていた。自分の「宇宙」を完璧に提示しうる、数少ないポップの巨人だった。

 本書は堅苦しい「ディラン研究」の類ではない。曲と演奏に焦点を絞り込み、詳細な紹介と解説からディランを読み解こうとするものだ。これまでに発表された全513曲をアルバム単位ではなく、曲名に準じてアルファベット順に掲載し、またオリジナル、ライヴなど複数のアルバムに跨がる作品に関しても、それぞれ同様のデータと採点を加えている。入門者はもちろんだが、ある程度ディランを聴いてきた者にとっても、発見と参考があるに違いない。読み応えも十分、と言っていい。

 ただ、(ディランはこうする)「べき」という表現の頻出が気になった。揚げ足を取るつもりはないが、ディランの本領は、あらゆる「べき」から遠く離れた「自由」への標榜にあると思うからだ。そしてもう一つの残念は、歌詞への言及がないこと。幾多の音楽家への影響や、ノーベル文学賞候補の件は措くとしても、「ディランを聴く」面白さの何割かは、やはり詩の力によるものだろう。
(今村 守之・フリーランスライター)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示