サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 服部高宏さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

服部高宏さんのレビュー一覧

投稿者:服部高宏

1 件中 1 件~ 1 件を表示

書評

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

かつて法哲学において一世を風靡したメタ倫理学には、未だ厳密な意味で解決されていない問題が少なくないけれども、時代の趨勢は実質的正義論にすっかり移行した感がある。そのような状況の中、小林誠『価値判断の構造』(恒星社厚生閣)は、価値判断について真偽が問えることを著者独自のアプローチにより示そうとする意欲作である。倫理が人間の情緒的反応という事実を基礎にしている以上、「倫理学の科学化」は可能であるとの見方に立つ著者は、自然主義に近い独自の立場から、「善」や「真理性」の概念を精緻化する一方、自然主義的誤謬という批判の論駁に精力を傾ける。

〈服部高宏氏(京都大学法学部教授)評(『法律時報 特集:一九九八年学界回顧』70巻13号〔1998年12月号〕日本評論社より一部抜粋)〉

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示