サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あきちゃんさんのレビュー一覧

あきちゃんさんのレビュー一覧

投稿者:あきちゃん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書は、今までの知的財産解説書では、まったく論じられることのなかった
   「知的財産権における独占と競争との交錯」
の問題を、日米の判例・学説を分析し論述しました。

 本年施行の「知的財産基本法第10条」を具体的な問題に則して論じた最新の研究書でもあります。

 財産(権)のもつ性格と機能を私的側面(Commodity)と社会的側面(Propriety)の2つの視点より整理し、わたしは、21世紀における財産権概念のありかたを求め検討しました。
 具体的には、コンピュータ・プログラムのリバース・エンジニアリングを、有効競争理論を基に、知的財産を公正かつ自由に研究開発する過程として法律構成しています。
 また、市民生活と知的科学に関して生じる問題は、その発生の理論やメカニズムにおいて共有する部分があることも、あわせて論じました。
 
 知的財産の管理担当者や法務担当者、市民活動を行っている方々に、是非御一読いただきたく、ご案内申し上げます。

 2003・8・3               著者 高橋明弘
    


 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示