サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 近代セールス社出版部さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

近代セールス社出版部さんのレビュー一覧

投稿者:近代セールス社出版部

9 件中 1 件~ 9 件を表示

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 融資は、支店業務の中でももっとも複雑で難しい仕事だと思われています。しかし、すでに経験している方はご存じだと思いますが、複雑に思えるのは、手続きを知らないからです。また難しく感じるのは、手続きを知らないこととも関係がありますが、処理を間違ってしまうからです。
 融資の仕事は、失敗さえしなければ、かなりスムーズにこなすことができます。ところが一旦失敗をすると、それを挽回するために二倍、三倍の労力が必要になって「仕事が回らない」という状況が発生してしまうのです。そして、残念ながら、失敗をしないという人はいません。新人融資係の頃は、誰だって失敗するものですし、それをおそれていては何もできません。
 そこで本書には、様々な「失敗」を集めました。自己管理などの基本的なものから、実務に応じたものまで内容は様々です。失敗してから読んでも、失敗する前に読んでもきっとみなさんのお役に立てると確信します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 とかく難しいという印象のある生命保険について、とりわけ法人向けコンサルティングを中心に、「簡単」「納得」「安心感」をキーワードに、わかりやすくご提案することを目標にまとめたのが本書の特徴です。
 読者対象として
 ○生命保険販売を始めたばかりの営業職員、代理店
 ○生命保険をあまり得意としないFP
 ○保険窓販に奮戦する銀行員・証券マン
などを想定し、できる限りわかりやすく解説しています。生命保険に詳しい方はもちろん、生命保険販売に携わって間もない方々にも、自信を持ってコンサルティングする一助になると思われます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書は、不動産に関する相談を受ける側・相談をもちかける側の方、そして不動産業界の方、ひいては不動産に興味のある方々に大いに参考となる内容構成となっています。
 不動産に関する現実によくある相談事例を購入・売却・契約の3セクションに分け「質問&解答」形式で編集。いずれの事例も私たちの身近に起こりそうな問題ばかりです。
 不動産に関して“興味”や“悩み”を持っている人は数多くいます。それゆえ、相談事は後を絶ちません。アドバイスする側はしっかりとした回答を行うこと、相談者側も大まかな知識は備えておくことが必要です。その一助となるべく発刊されたのが本書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 銀行は抱えている不良債権の削減をなかなか進められていません。その主要な原因には長引く不況による株価低迷と地価下落もありますが、担保主義から抜け出せず融資先への経営支援を十分に行ってこなかった内部要因も指摘できます。
 2003年3月、金融庁は地方銀行・第二地方銀行・信用金庫・信用組合の各行に対し、同年8月までに「リレーションシップバンキングの機能強化計画」を提出するように指示しました。しかも、半期ごとに実施状況を金融庁がフォローアップし、取りまとめを公表するとしています。担保主義からの脱却と融資先への経営支援強化を、金融庁が打ち出したのです。
 この機能強化計画における核心は、まさに経営者の能力評価であり、本書のテーマとなっています。法人渉外担当・法人渉外部門長・支店長・審査部門などの方々には積極的に本書を活用いただき、経営者の能力評価と向上のためのアドバイスを体系的に習得していただきたいと考えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『世界の工場』、『世界の市場』
中国の全貌がいよいよあきらかに!

 上海B株54銘柄、深センB株56銘柄(以上中国本土上場)、香港H株69銘柄、香港レッドチップス60銘柄、さらに今回の目玉として、香港、台湾、韓国、シンガポール系中国本土関連株37銘柄を輸出型26社、内需型11社に分類、併せて中国民営企業13社を厳選。合計289銘柄の中国企業情報を掲載しています。

 コンドラチェフの景気波動は再びA局面(経済拡大)に接近している。しかし、21世紀は17世紀、19世紀に続くデフレの時代であることも避けようがないようだ。
 この時期に2002年中国GDP成長8%は何を意味しているのだろうか。『デフレを制するものが世界を制する』との命題が正しいなら、21世紀はパックスセリカ(中国主導の世界平和秩序)の時代となる。
 と同時に中国発展のロジックには回転も加わり、複雑になり、綾が生じてきた。ひと回転、ふた回転すればするほど、相場効果は利いてくる。このパラドックスを信じるなら、今後数年間、中国株のユーフォリア(幸福感)を享受できるかもしれない……。【まえがきより】

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 金融機関の人材マネジメントの基本的な考え方として“成果主義”が採用されるにともない、これまでとは異なるさまざまな組織運営上の課題や問題が表面化してきました。成果主義型の人事制度は、多くの職員にとって正の方向へのインセンティブにならず、むしろ逆に、ヤル気をなくして流れに任せる方向に作用していると言っても良い状況にあります。
 今、管理職者は、こうした成果主義の現実と理想の大きなギャップの真っ只中に置かれています。管理職者は、成果主義に適する人材と組織のマネジメントスキルを身につけ、実践しなければなりません。人事制度が成果主義型に変わったのに、それと表裏一体をなす現場のマネジメントが成果主義型に変わっていないところに問題の根があり、したがって、そこが変われば成果主義は本来の力を発揮するようになるのではないでしょうか。
 本書は、そうした成果主義を活かすマネジメントスキルについて書かれた本であり、成果主義の下でスキルアップのニーズが強い次の4つのスキル、
 1 部下の働く意欲を引き上げるスキル
 2 部下の指導、支援のスキル
 3 見解の相違を活かすスキル
 4 変革をリードするスキル
を取り上げ、解説しています。また、内容をわかりやすく実践的にするために、ビジネススクールのMBAコースで教えられている組織行動学をベースに、アメリカ流の組織行動学の考え方を日本の組織に合うように修正し、具体的な金融機関の事例を使って説明している点が特徴です。
 本書が、厳しい経営環境下で組織運営にあたる金融機関の管理職の皆さん並びにマネジメントに関心をもつ多くの皆様の参考となり、組織成果の引き上げとマネジメントコンピテンシーの強化の一助となれば幸いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 現在、水質汚濁防止法に基づく有害物質使用特定施設として該当する土地は全国で27,000箇所、ガソリンスタンドやクリーニング事業等により土壌が汚染されている可能性のある箇所は30万箇所を超えるとも言われています。また、埋立地の多くがヘドロによるヒ素に汚染されていることや、幹線道路に面した一定の範囲の土地については通行車両のガソリンによる鉛汚染があることも周知の事実とされています。つまり、土壌汚染は、私たちの住生活の中で決して珍しいことではありません…。
 平成15年1月、土壌汚染に関して新しく規定した「不動産鑑定評価基準」が12年ぶりに改正され、平成15年2月には「土壌汚染対策法」が施行されました。
 このように、土壌汚染に対する関心度が高まる状況下にある一方、土壌汚染調査やその浄化措置・方法、汚染された不動産の評価、売買取引などについて、実務面での経験が不足していると同時に、個人も企業も、どのように対応すれば良いのか迷いを感じているというのが現状です。
 土壌汚染の問題解決のためには、その汚染内容や規模・範囲などの状況、浄化措置の可能性や方法・費用などについての正確な知識と認識を持ち、健康への直接的・実質的な影響がどうであるのかについて、冷静かつ適切な判断や対処をしてゆくことが肝心です。本書では、土壌汚染調査・浄化措置ならびに汚染地の評価に関するオーソリティである著者が、専門的知識を持たない読者も想定し平易に解説、「土壌汚染とその不動産評価」について、問題の所在と行うべき対処の仕方についてわかりやすくまとめています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 70年代〜80年代にかけて急成長したカード・クレジット業界は、長引く不況を追い風に尚成長を続けています。今や業界内の年間新規信用供与額は74兆円(民間最終消費支出の25%以上、GDPの14%強)に達していることからも自明のように、クレジットビジネスはもはや社会経済の基盤となっているのです。
 本書は、21世紀のカード・クレジットビジネスに必要不可欠な用語を厳選するとともに、カード・クレジット業界を支えている情報技術分野の用語も取り上げ、わかりやすく解説したものです。用語ごとに英訳を併記し、英語引き索引も設けているので、インターネットや雑誌などでカード・クレジット関連の英語文献を読む際にも活用できることでしょう。
 基本的な用語もカバーしているので、素通りしてきた用語の意味を再確認し、言葉の意味を正しく理解することによって知識の幅を広げ、業務改善や新たなビジネスアイディアに結びつけて頂きたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ここ数年の間に日本FP協会のFP資格保持者は10万人を超えるほどに急増してきました。一般の方の関心も徐々に深まってきており、「FPになるにはどう勉強したらいいのか?」という質問を受けることも多くなりました。あるいはFP資格保持者からも「FPの資格は取ったけれど、実際の仕事にどう活かして良いのかわからない」などといった声も聞かれます。
 ファイナンシャル・プランニング業務は、範囲も広く、社会情勢の変化や法制度の改正などを随時追っていかねばならず、その勉強方法に関する悩みが尽きないのが現状です。本書はそのような現状をかんがみ、これからFPを目指す人や、FPの資格を取得し、これから広く勉強を続けて知識を高めていきたい人など、さまざまな人に利用していただけるようにまとめています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示