サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 吉田進み矢さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

吉田進み矢さんのレビュー一覧

投稿者:吉田進み矢

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ナビル ある少年の物語

2000/07/09 15:04

少年的発作。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 エジプト在住ナビル少年のローテンションの原因は、学校の先生がしばしば語るピラミッドの話。

一年間悩みに悩んで想像が限界まで膨らみ、その結果、純粋な少年的発作により唐突に旅立つ少年。しかも徒歩で。でも、少年のこういう無謀さならOKです、周囲は迷惑だと思うけれど。

 広大な人間愛と大地に囲まれながら、壮大な墓を目指す豪快少年の非常にナイーブなロードストーリーが、ラフなタッチの黒一色で描かれています。

ロバ飼いのおっちゃんとともに大砂漠をひたすらトボトボと歩くシーンもいいのですが、やはり、ラスト近くの少年の大爆発ぶりが心に残ります。読んでいるこちらも思わず同じ表情になります。

 このしっとりと熱い(厚い)絵本は、絵本大国ベルギーの天才画家ガブリエル・バンサン女史の作品。この人の本は、絵本というより圧倒的な画集ですな。

 僕は独身の頃、バンサンの絵本を女子に4度プレゼントしたことがあるのですが、そのうちの一人が現在の嫁。確率25%な次第。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示