サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. アライユキコさんのレビュー一覧

アライユキコさんのレビュー一覧

投稿者:アライユキコ

紙の本ベストセラー本ゲーム化会議

2002/10/23 10:14

編集者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本を愛する現役ゲーム作家集団が、本をゲーム化する団体「ベストセラー本ゲーム化会議」(略称:BGK)を結成、ベストセラー本16冊のゲーム化にチャレンジした新感覚の書評本。とにかく徹底的にバカバカしいです。「ゲーム脳の逆襲」です。「ゲーム脳」が文芸界に殴り込みです。ゲーム脳は、すぐキレるらしいです。笑えます。

小林よしのりの『戦争論』が激ムズシューティングに?
宮部みゆきの『模倣犯』が育成シュミレーションに?
舞城王太郎の『煙か土か食い物』が音ゲーに!?
吉本ばななの『虹』に裏バージョンが!?
『バトル・ロワイアル』で世界崩壊!!
他にも『冷静と情熱のあいだ』『新「親孝行」術』など、ゲーム化するという名目のもと、ベストセラー本であるのをいいことに言いたい放題。(辻仁成さん、江國香織さん……他にもたくさんごめんなさいっ!)

発売以来、「爆笑!」「すっとした!」「もっとやれ!」というたくさんの感想をいただいてます。中には帰りの電車で声を出して笑ってしまった、乗り越してしまったという報告も。出版業界に何のしがらみのない3人だからできた「本音」トークの炸裂。実際、原稿をまとめながら、思わずゲラゲラ笑ってしまう、そんな楽しい編集作業でした。

あと、脚注がスゴイです。各会議に脚注当番を決めたのですが、著者3人が競うように書き捲ってます。脚注欄、真っ黒です。ゲーム用語、文芸用語、時事用語を解説しつつ突っ込みまくる勢いをわたしには止めることができませんでした。
装幀にも仕掛けあり。とにかくバカ力いっぱいにつくったバカ本です。ぜひとも笑っていただきたい! 詳しくは公式サイトまで。
http://www.ne.jp/asahi/kaeru/bungei/game1.html

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する